2013年01月29日

冷たい右手親指…

冷たいのです。
マウスを持つ右手の親指だけが、まるで凍傷にでもかかってんじゃないかしらと思うぐらい冷たく感じるのです。
昨日帰宅して、パソコンに向かって初めて感じた感触。

リビングで猫を抱くと感じないし、家族の手を握っていても感じない。
ライターを持つ、茶碗を持つ… そんな動作では冷たく感じます。
どうやら温度が保たれているものには異常は感じられず、そうではないものに冷たさを感じるみたいで。

どうしちゃったのかしら、ワタシの右手親指。
手根管症候群とか言われてお薬を飲んでいるのだけれど、その症状の1つなのかしら。
今もこうしてパソコンに向かってマウスを手にすると、右手親指だけが冷たく感じてしまいます。
だから、親指をマウスから離して手にするものだから、どうにも動きがままならないというか頼りないというか…。

やだなぁ。
薬で、この症状がちゃんと治まってくれればいいなぁ…。
posted by もあぱそ at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

無題22

薬を飲んでいます。
そう、手根管症候群と診断された右手指の痺れを治療するためのお薬。

飲んでいて、その効果があるのかどうか。痺れがまだしっかりと続いていて。
お医者さんに行ったという安心感はありますが、どうもその薬の効果は実感できていません。
しばらく様子を見て、といわれているのですから、そう簡単には効果は出てこないものなのでしょうね。

でも、前にも書いたように、特に親指が痺れを感じるような利き腕では、何をするのも頼りなくって…。
posted by もあぱそ at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

手根管症候群…

右手の痺れが治まらないため、出先に向かう前に整形外科によってみました。

診断された病名は、「手根管症候群」。
しゅこんかんしょうこうぐん、と読むのだそうです。

親指の痺れが治まらずに病院を訪ねたのですが、原因不明の症状で女性に多いものなのだそうです。
骨折、手を使う重労働者に多いということで。
・・・たしかに重い荷物を持って運んだりしていましたから・・・。

とりあえず、お薬をもらってきましたので、安心して様子を見たいと思います・・・。

しゅこんかんしょぅこうぐん… キンコンカン症候群みたいな言い方になっちゃってますね(笑)。
posted by もあぱそ at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

無題21

雪も降り、冷たい風も夕方から吹く昨日でした。

そんなときには、ストーブのありがたみが良くわかります。
窓のないすぐ傍で、大粒の湿った雪が降り続けるのが見えて、そして時間が過ぎて夕方になると冷たい風がからだめがけて吹いてきます。それを見、感じながら、すぐそばのストーブに手をかざす。その暖かさ、この上ない喜びとなるのです。

大雪警報が発令されたとメールが届きます。
出かける前には、どんと積もった雪を片付けることになるのでしょう。

やれやれ… ですが、これが冬なのですから、別の楽しみを探しながら乗り越えることにしましょう・・・。
posted by もあぱそ at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

無題20

痺れは、まだ解消されません。…

どうもスッキリしないし、何をするにも差し障りが大きいので、近いうちに病院を訪ねようと思っています。

それはさておき、今日の雪はどうかと窓を開けてのぞいてみる限りではまだ多くはないように見えます。
まだ暗いから、チラッと見る限りなんだけど。
朝に出かける前、除雪作業をするとなれば、それだけでドッと疲れてしまうのでそれが今日はなんとなく嫌で…。
posted by もあぱそ at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

し・び・れ

一昨日あたりから右肩がすごく凝っていて、湿布を貼ったりしていたのです。
ところが、昨日お昼近くから、右手に痺れを感じていまして。
夕方になっても、帰宅しても、そして今現在でも、その痺れが残っています。
寒いところで重いものを持ったせいかしら… などと思ってもいるわけです。
でも、暖かい部屋に戻っても、入浴しても、この痺れが消えません。

で…
家族は言うわけです(^_^)
脳神経外科に行ってきなさい、行って「疲れが溜まっているだけですよ」と言われればそれでいいのだから…。
しばらく時間に空きがないなぁ、などというものなら… だったら痛いだの痒いだの言うな、とビシッと言われる始末で(-_-;)

病院に行くほどでもないような気がするのだけれども、とにかく痺れが消えないのは困ります。タバコを持つ、箸を持つ、ペンを持つ、歯ブラシを持つ… そんな軽いものでさえ痺れで持つ感覚が危ういのです。

なんでしょうねぇ。このまま出かける時間までに、なんとなく痺れが消えていってくれればいいのだけれど。

ハンドルを握ってさえ、その危うさを感じるのだから・・・。
posted by もあぱそ at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

無題19

唇あたりの皺が気になってまいりました…。
これも年齢のせいでしょうか、それとも風邪を引いているせいなのかしら。

洗顔していて、初めて気になったのです。
あれっ… って。
ですから、いつから現れたものなのかわからない。
最近、寒いところにしばらくいたりしていたので、そのせいかしらなどとも思ったりしていますが。

でも、おそらく、たぶん… 年齢のせいでしょうね・・・。
posted by もあぱそ at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

…き・よ・う…

どうも… デスクと椅子のバランスが良くないような気がします。
そのせいで肩が凝っているような感じです。

で、どう直そうかと試してはいるのですが…。
いったいどんなバランスが適当なものだったのか、定かではなくなってしまいました(^^ゞ。

朝の番組で、どなたかのコンサートに来た人へのインタビューで。
…なんて言ったかしら、なんだか気になる言葉遣いをしていたのに気づいたのだけれど。

「来る」という言い方で…。
「…いってき(来)ようと思って…」みたいな言い方でした。

「行ってき(来)ます」
「行ってく(来)る」
「行ってこ(来)よう」
みたいな感じで遣ってきたワタシなので、「いってきよう」という言い方になんだか違和感を…。

なんて言ってたのかしら、はっきりと記憶にないのだけれど。

そんな違和感を覚えた、昨日の朝でした。
posted by もあぱそ at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 合っているの?コレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

無題18

右の首から肩にかけて、凝りがひどいのです。
首が回らない、肩が上がらない…。肩が痛い。

寝違えたのかしら。
お風呂上りにシップを貼ろうと思っていたのに、忘れて寝室に来てしまいました。
リビングに戻るのも億劫だし。

昨日の朝、路面がまるで鏡のようにきらきらと輝いていて… つまり凍結していまして、タイヤに多少滑りを感じていたりもしました。路面が見えていてもそれを覆うように凍っていたわけで。

なにはともあれ… 肩が痛い・・・。
posted by もあぱそ at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

無題17

洗濯をして、食事をして、洗い物をして… その後は、眠くなって(-_-)zzz

目を覚まして、昼食をとって、また(-_-)zzz

外出した家族からの電話で目を覚まして、とりあえずデスクに向かって一仕事。
キリのいいところでリビングに戻って、戻ってきた家族と夕食。

だら〜りと過ごしてみました。
こうして日中に眠れるということは、きっと疲れが溜まっていたんだ。
おそらく電話で起こされなければ、もっとゆっくり「だら〜り」を楽しめたのだと思う。
ただ、その「だら〜り」で、からだのリズムが狂ってしまったようなところもあります。

だって… いま、こうして起きて、パソコンに向かっているのだもの。
posted by もあぱそ at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。