2009年07月22日

デッドエンド

彼は言いました。
(商品を値引きする店員さんを見て)あれだけ値引いたら、自分で自分の首を絞めるようなものだよね。粗利なんてないに等しいだろうに…。政治が悪いんだよね、きっと。
…政治なんだ。

彼女は言いました。
民主党が政権をとると、高速料金が無料になるんだって。いいよねぇ。
…無料になるから良いんだ・・・

「デッドエンド」「笛吹き男」「タイタニック」、衆議院の解散についてこうした呼び名をつけた人。
たしかにうまい表現だと思います。だけど…
衆院解散 私はこう名付ける 「デッドエンド」…識者
7月21日13時16分配信 毎日新聞

どうなんでしょ。自民党で選挙に勝ちながら、ここに至って「反なんとか」と背を向けるのは? どこまでも、その看板を背負って堂々と戦ってほしいものだとワタシは思うのです(ソウオモウノハカッテダケレド・・・ッテ?)。
posted by もあぱそ at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

横行

「著作権」ということばを先日エントリーで使ったばかり。
この著作権に関する報道が再び。

谷川俊太郎さんら19人、塾向け出版社提訴へ
7月20日3時5分配信 読売新聞
 学書は「日本ビジュアル著作権協会に対し、別の出版社に申請を代行してもらい、使用の許諾を得たと考えている。申請漏れがあるなら、手続きを取る用意はある」としている。


絵本作家で俳優の米倉斉加年さんのコメントに同感です。
「お金の問題ではなく、塾という教育の場で著作権が軽んじられていることがけしからん」


著作権が軽んじられている… 使用許諾を得ずに作品を掲載した出版物が横行するなら、著作権が軽んじられるなら、作者が憤りを覚えるのは当然のこと。

むずかしいことはワタシにはわからないけれど、もし現実にそれが横行しているのならば「けしからん」状態であることは間違いないでしょ。
posted by もあぱそ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

これでいいのかしら?

どうなんでしょう?
ちょっと気に障るのが、この言い回し。
「著作権利用料を支払ってまで続ける理由がない」


「罪にあたるとは知らなかった」というような言い方をする容疑者のコメントをよく聞きます。それでも彼らは(言い訳なのかどうなのかは知りませんが)容疑者として拘束されたりします。知らなかったではすまない…ということなのでしょう。
だけれど、
市は「集客効果を狙ったが、著作権者の承諾が必要とは気付かず不用意だった」としている。

と報道されています。「集客効果をねらう」という目的で平成12年ごろから著作物を利用していながら、「著作権者の承諾が必要とは気付かず不用意だった」と非を認めながらも、事前承諾を得ずにしていたもののお咎めは無いようです。

う〜ん…
これでいいのかしら? いいのかしら?
なんとなくスッキリしないような気がします、ワタシ…。

大阪市 「トトロ」無断使用 芝生アート、指摘受け中止
7月18日15時37分配信 産経新聞

門外漢の素朴な疑問でした。
posted by もあぱそ at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

あぁ、ニッポン人

「きれい好きで礼儀正しく、物静かで不平を言わない」日本人が、世界のホテル業者を対象とした調査で3年連続で旅行者好感度ナンバーワンに輝いたのだそうです。

【こぼれ話】日本人旅行者がナンバー1=最低はフランス人−世界のホテルに好感度を調査
7月10日11時38分配信 時事通信

好感度調査で世界一のニッポン人。
すばらしいです。
3年連続なんですねぇ。すばらしい(パチパチパチパチ)。
きれい好き… はい。それじゃ、いつも使うパソコンもきれいにしましょうね(それとこれとは… 笑)。
礼儀正しく… はい。国内でも社内でも、礼儀正しくありたいものです(アッ、コレジブンジシンニイッテイマァス)。
物静か… はい。ワタシも物静かなひとりです。
不平を言わない… はい。不平を言う前に、自分から!です(笑)。

きれい好きで礼儀正しく、物静かで不平を言わない… これは、ニッポン人への世界的な評判だったような気もするけど。
ワタシも、そういう人にな・り・た・い。
posted by もあぱそ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

白いアクセサリー

この写真(@_@)
 ↓
電線に止まって辺りをうかがう、胸に白い模様のあるカラス=岐阜県高山市国府町で2009年7月6日、奈良正臣撮影

首の辺りが白いんです。
たしかに、白い蝶ネクタイをしているように見えなくもない。
カラス 胸に白いチョウネクタイ? 岐阜で発見
7月8日14時21分配信 毎日新聞

おしゃれなカラスさん。
こうして注目を浴びているってことに、実は気づいていないのでしょうけれど…。
彼は、白い蝶ネクタイでコンプレックスを感じたりするのだろうか、いや決してそんなことはないだろう。彼にとって、白いアクセサリーは誇りになっているはず… とワタシは思うのでした。

コンプレックス… 他人には魅力的なものに見えているものが、自分にはコンプレックスになるものだろうけれど…(何を書きたいのかって? ^^; )。
posted by もあぱそ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

検定

検定流行りの中、文章検定が当面中止になったそうです。

<文章検定>当面中止、漢検協会が協力解消 5万人に影響も
7月4日2時31分配信 毎日新聞

そもそも文章検定などにワタシは興味がないので、受験意欲も持ったことがないのですが。
それでも文検(日本語文章能力検定)は年間5万人近くの受験者を抱えていたようです。文章能力の理論的、客観的な判定が目的とされる検定。
どんな問題構成だったのか、実は今になって興味がわいてきたワタシです(笑)。
posted by もあぱそ at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

「安土」が消える・・・

安土町会 合併案を可決 来春、新「近江八幡市」誕生
6月15日13時59分配信 京都新聞

織田信長ゆかりの「安土」の地名は自治体名から消えることになる…と報道は伝えています。
織田信長により安土城が置かれ、中世ヨーロッパにも伝えられた「安土」の名が、これで自治体名から消えるわけです。


近江八幡は豊臣秀吉のおい秀次が築いた城下町なのだそうで、「近江商人」発祥の地。
かたや、安土は信長ゆかりの地で、「イエズス会年報」の中でも「ANZUCHI」と紹介されているところ。

「安土」が消え、「近江八幡」が残るのです。
楽市楽座、なんて言葉が浮かんできます(って、詳しくは記憶にないのですが…^^; )。

ワタシとしては、どちらも残ってほしい地名なのだけれど、ね。
posted by もあぱそ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

誤記が多く絶版、の行方?

しばらく前に、こんな報道がありまして。
資格本、誤記460か所で絶版…出版社が編集委託先を提訴(読売新聞)
気になっていたので、今さらではありますけれど。

保育士と調理師の資格本に計約460か所の記述ミスが見つかり、絶版を余儀なくされたとして、発行元の「日本文芸社」(東京)が、編集を委託したプロダクション「超音速」(同)に約1000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたことがわかった。

という報道でした。今はリンク切れになっているようですが。

で、どこが気になっていたのかというと。
専門書ですから専門用語が頻出してくるはずのものです、資格対策書籍ともなると。
専門家の原稿があって、それを書籍にしたのか。録音されたものを文章にしたものなのか。詳細はわかりませんでしたけれど、専門用語が多いものは編集を請けたところで書籍化する中で、依頼側の方でも校正を繰り返しているはずですもの。請けた側だけでの校正では、専門用語が頻出する中で何人で校正をしても見逃すことが多く出てくるものだと思うわけ。
で、出来上がって発行された書籍について、下請け会社の不備を理由に提訴…というのはいかがなものかと^^;

…この記事を書いている途中に、個人的な些細なことでワタシ憤りを感じて小一時間。久しぶりの投稿だったのに、投稿への意欲が薄れてしまいました… やれやれ。

まっ、この提訴ももしかして一時の憤りの結果だったのかもしれませんね。その後どうなったのか、報道を見ていませんので。
気になるところです・・・
posted by もあぱそ at 15:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

変わりなく…

3月12日の更新から、ずいぶんと時間が過ぎてしまいました。
まっ、大したことがあったわけでもないのです。
ただ忙しさに振り回されていたわけで。

「サンデー」も「マガジン」も50年、漫画家らが大同窓会
3月17日21時15分配信 読売新聞
3月17日に、日本初の漫画週刊誌「週刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年マガジン」(講談社)が1959年の同日に創刊されてちょうど50年を迎えたのだそうです。
ワタシも漫画が好き。漫画週刊誌を買うことは滅多にないのだけれど、50年という歴史に拍手して、これからの継続に大いに期待するわけです。
すばらしい(パチパチパチパチパチ)わーい(嬉しい顔)

「採用されたかった」面接受けた会社に爆破予告 女を逮捕
3月17日17時13分配信 産経新聞
面接を受け採用されなかった口惜しさはわかるんだけれど、だからといって爆破予告で業務妨害なんて… シンジラレナイ。
それだけの勇気があるのなら、まだまだ若い自分の将来を伸ばす方法があったはずなのに…もうやだ〜(悲しい顔)

ファーストリテイリングが990円ジーンズ、柳井流、超低価の勝算
東洋経済オンライン3月17日(火) 16時13分配信 / 経済 - 経済総合
カジュアル衣料「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが3月10日に990円のジーンズを発売したのだそうです。
990円のジーンズexclamation&question
ほしいです、ワタシ。
どこで買えるのexclamation&question どこでexclamation&question このド田舎でも取扱店あるのかしらexclamation&question ユニクロさんの店舗に行ってもないのかしらexclamation&question(笑)。
探さなくっちゃあせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)

ジャッキーがテレサ・テンとの破局理由明かす!嫁選びは「子分の意見」で―香港
3月17日13時53分配信 Record China
ジャッキーによると、テレサは騒々しさを嫌う女性だったが、ジョアンはその反対で、ジャッキーの子分達とも意気投合していたという。子分達が物静かなテレサを嫌い、自分たちの“アネゴ”には「ぜひジョアンを」と望んでいたため、最終的にジョアンを選んだと話している。

物静かな人がワタシは好き。もしもワタシがジャッキーだったなら(笑)、きっとテレサを選んでいたでしょう…(ダレモソンナコトナドキイテイナイデショウガ)ふらふら

スピード違反は急患でやむを得ず、医師が軽減措置求め提訴
3月17日0時37分配信 読売新聞
 警察庁の通達では、急患往診や傷病人搬送などやむを得ない事情があった場合、免許取り消し期間が1年から180日の免許停止に軽減されるとあり、医師は通達の適用を求めている。

こういう通達があったのですか。急患で急ぐお医者さん、1秒でも早く診てほしい患者、早急な体制を整えたい現場。
たしかに、このお医者さんの急患のために病院へ向かった気持ちにこたえたいものだとワタシも思う。

などと… 報道へのヒトコト、でした。
posted by もあぱそ at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

その勇気に

おみごとexclamationといいますか、あっぱれexclamation×2といいますか、怖いもの知らずexclamation&questionといいましょうか…。
小学男児が1キロ以上尾行、交番に通報 窃盗容疑の男を逮捕
2009.2.22 00:29 産経ニュース
 21日午後3時ごろ、仙台市青葉区旭ケ丘の古本屋の駐車場で、この店の軽ワゴン車からアダルトDVD20本(時価7万円相当)が入った段ボール箱を男が盗んでいるのを小学6年の男児(11)が目撃し、そのまま1キロ以上も尾行して男の自宅を確認し、近くの交番に知らせた。


冒険という気持ちではなくって、正義感だったのでしょうね。
うまく通報までたどり着けたからよかったけれどたらーっ(汗)
がんばっただろうし、自分しかいないって気持ちもあったのだろうけれど… 何かあったらと思うとゾッとしないでもありません。

 仙台北署は「将来は、ぜひ警察官になってほしい」と男児の勇気をたたえた。


たしかに勇気は讃えられるべきものだけれど… うん、その勇気は将来きっと君を大物にするよ。
posted by もあぱそ at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

…あなたもですか、鈴木さん

あちゃ〜。
あなたもですか… 鈴木茂さん。
友人の中には、あなたを崇拝するごとくに聴いていた人もいました。
ファンも多いはずのギタリストですのに。
残念です。

はっぴいえんど元メンバー、鈴木茂容疑者を大麻所持で逮捕
2月18日12時34分配信 産経新聞
posted by もあぱそ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

高齢者に限らず、ね

高齢者であっても信号を遵守すべきことは当然のこと。
「高齢者でも罪は罪」は当然なんだけれども、「高齢者でも」という表現にあるいは高齢者なら許されるという真逆の判断が存在するようにも思えるところが不思議。
高齢者だろうが幼児だろうが学生だろうが、責められるべきは同じかと…。

「高齢者でも罪は罪」96歳に禁固求刑、信号無視で事故誘う
2月3日17時16分配信 読売新聞

幼児以上に高齢者に危険を感じることが多いのです。わかっているはずだと思う目前で、予想だにしない行動をとる高齢者の多いこと。

まぁ、高齢者に限らずなんだけれど…。
ワタシを含めて、注意しなけりゃならないことがいっぱいです。
気をつけましょうね、今日も一日(^o^)丿
posted by もあぱそ at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

危険な気がして…

ふ〜ん、こんな催しもありますか。
わんこそばは知っていますけれど、なんだか危険な感じがします「わんこもち」。

<全国わんこもち大会>広めよう餅文化 19チーム出場−−一関 /岩手
2009年2月2日(月)13:00 毎日jp
 一関地方の餅文化を全国に広めようと一関まちづくりグループ・未来塾が主催した「全国わんこもち大会」が1日、一関市大手町の新鮮館おおまち特設会場で行われた。

 2人1組の団体戦。1人5分の制限時間内に1個20グラムの餅をどれだけ食べられるかを競う。また仮装して大会を盛り上げた人に贈られるパフォーマンス賞などもあり、漫画のサザエさんに扮(ふん)した参加者もいた。

 親子や男女混合、飛び入りなど19チームが出場。壱岐俊浩さんと昆直城さんのJCIチームが優勝した。2人で71個を平らげ、賞状と副賞に岩手南牛(1万円相当)が贈呈された。個人優勝は団体で優勝した昆さんで、記録は52個だった。

 参加者は「おいしかったけど、食べづらかった。餅はしばらくはたくさん。味わってゆっくり食べたい」と笑っていた。【天野典文】


お餅の早食い大会なんでしょう。
お餅をのどに詰まらせて…なんてニュースが繰り返される中で、そのお餅の早食い大会なんて危険な気がするんですけれど。
<1人5分の制限時間内に1個20グラムの餅をどれだけ食べられるかを競う>なんて、そこまでして早食いを競って何の意味があるのでしょうとワタシは思ったりして(いえ、主催者に文句を言うつもりなどありませんよ。ありませんけれど、危険な気がして)。
餅文化を広めることはすばらしい。すばらしいけれど、早食いで広めなくってもいいじゃないの。
優勝して、副賞が「岩手南牛(1万円相当)」。危険な思いをして(危険だと思っているのはワタシだけかもしれない)参加し優勝していただく副賞にしては淋しい気がしないでもありません。

幸いにも事故はなかったようです。
事故がなくって良かった。
参加者のみなさんの無事を心から祝福します。

・・・なんか、すごく危険な気がする大会だなぁって思ったものだから。
そう思うのは、どうやらワタシだけのようです(汗)。
posted by もあぱそ at 05:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

仮称

へぇ〜、そうですかぁ。

「振り込め注意」声かける仕事で雇用創出…政府がモデル案
2月2日22時49分配信 読売新聞
 振り込め詐欺の「防止隊員」募集へ−−。政府は2日の自民党景気・雇用創出ニューディール推進プロジェクトチームの会合で、地方自治体の雇用創出のモデル事業として、金融機関の現金自動預け払い機周辺で高齢者らに振り込め詐欺に注意するよう声をかける人員を確保する案を示した。
 その名も「振り込め詐欺防止隊」(仮称)。詐欺被害を水際で防ぎ、雇用創出にもつながる一石二鳥を狙ったものだ。
最終更新:2月2日22時49分

仮称とはいえ「振り込め詐欺防止隊」。
雇用創出につなげることは、とてもいいことですけれど。な〜んか…。
仮称とはいえ、安易な名称(って感じがします)。案とはいえ、安易な思いつき(って感じがします)。

こうして、雇用創出に一役買うまでになってしまった振り込め詐欺。ワタシも気をつけなくっては。

posted by もあぱそ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

講演の聴き方

ふ〜ん…

首相、ダボスでも誤読 「見地」を「かんか」
共同 2009.2.1 01:15
 麻生太郎首相は31日昼(日本時間同日夜)、世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」の特別講演で、原稿を読み上げる際に「決然」を「けんぜん」、「見地」を「かんか」、「基盤」を「きはん」とぞれぞれ読み間違えた。

 首相は昨年来、参院本会議で「踏襲」を「ふしゅう」と答弁したほか、行事のあいさつで「頻繁」を「はんざつ」、「未曾有」を「みぞゆう」と読むなど漢字の誤読が多かった。


誰が何をどう読み間違えようとワタシには関係のないことですけれど。
こうして間違いが記事になるのって、不思議な魅力があるからなのかしらと。
ときどきワタシも他人の読み間違いを取り上げたりしているわけですが^^;
読み間違いと記憶違いは全く別物。果たして、<「決然」を「けんぜん」、「見地」を「かんか」、「基盤」を「きはん」>と読むのは読み間違いなのでしょうか。
間違ってはいけないと思えば思うほど間違っちゃうということはよくあります。意識すればするほど避けようとすることをしてしまう。麻生さんも、その口なのかしら。
でもなぁ、「けんち」を「かんか」とは、どうしても読めないもの。読み間違いじゃなくって、言い間違いじゃない? じゃなきゃ、聞き違い? いえ、発音を間違えて、言い直ししなかっただけとか。

「さぁ、今日はどこで読み間違えてくれるのか」みたいな期待をして講演を真剣に聴いている人たちの姿が目に浮かびます。
まっ、それも「ひとつの聴き方」なわけです、ね。
posted by もあぱそ at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

帰ってきました

よく、「やることやっていれば、多少の問題も目をつむる」みたいなことを言われますし、そうした例を見て腹を立てることが多いわけですが…。
問題行動、マナー知らず、規定違反… 繰り返しても繰り返しても、それを上回る評価があれば不問に処すみたいな。

それとは全く異なるわけですけれど(笑)、今回の朝青龍さんの成績はオミゴトでした。これだけのことをやってのければ、今までのマイナス評価など立ち消えてしまう。

よくやりました!と、世間の目も好意的になるわけで。
とにかく、よくやりましたexclamation×2

<大相撲初場所>「私は帰ってきた」朝青、崖っぷちから栄冠
1月25日20時6分配信 毎日新聞
posted by もあぱそ at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

少ないけれど大切に…

「5万部突破記念!森三中 村上知子公開記者会見&サイン会」
- 「先着150名様に整理券を配布」。よしもと堂書店
という告知があったのですけれど… さらに限定していたようです。

森三中・村上ダイエット本イベントに客15人
スポーツ報知
「こんなにきて下さってうれしい、ってこれが現状です。(当初は)150人限定ですが、さらに限定させていただきました。私のファンは山奥にいる」と自嘲気味に笑いを誘った。


森三中の村上知子さん、拍子抜けだったでしょうけれど、15人来てくださったなんて素晴らしいじゃないですか。
自嘲気味などではなくって、素直に喜ぼうよ。15人も来てくださったのですから。
ドンマイ…
posted by もあぱそ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

笑えません

笑えませんね。

小学校6年生でミニバイクを運転してお買い物ふらふら
パトカーに追尾されて、時速15キロから20キロでおよそ1キロ逃走(クレヨンしんちゃんの映像がワタシの頭に浮かんでしまいました)がく〜(落胆した顔)
小学校6年生で無免許運転、お買い物をミニバイクで、パトカーに追いかけられ逃走、縁石に乗り上げ転倒・軽症… ありえないから…。

まぁ、気持ちはわからないでもありませんが。
しかし、いけません。世の中を甘く見ているのではないですかexclamation×2(笑)。

小さな子が車を運転したり、ミニバイクを運転したり… 今に始まったことではないかもしれないけれど、こう堂々とされては。
免許を取るまで、しばし待てexclamation×2
待てのきかない人が世の中に多くなっているようです。
ましてや、小さな子などに「待て」などきくはずも・・・。

いえ、もうこの辺にしておきましょう。

小6がバイク運転=転倒し軽傷、「買い物帰り」−佐賀
1月18日16時47分配信 時事通信
posted by もあぱそ at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

人気投票?

管理職選考投票だったかな、そんな名称で管理職になるべき人を投票で選考するようなことが一時もてはやされたようなことがあったように思う(いえ、記憶違いかもしれないけど^^; そんなことがあったような…)のです。
なるべく人を選考しておいて、その中から管理職となってほしい人を一般職が投票で選考する方法。たしか、どちらかの議会でもやっていたような…(あぁ、記憶は曖昧 笑)。人気投票ではなくって、上司となるにふさわしい人を選考する方法だったと思います。
投票によるものだから、選考される人はそれなりに人望があるということにもなります。

で、なんでこれほど曖昧な記憶を突然に思い出したかというと…
「辞めてもらいたい議員名」投票 阿久根市長自分のブログで募る
1月14日19時5分配信 J-CASTニュース

なんて報道がありましたので。
いろいろな経緯のある市長さんのようですが、ワタシにはその報道の記憶もなく。

…辞めてもらいたい議員名アンケート、だなんて。
思いつきとはいえ、すごいことをやりますねぇ。
感想を言葉にできないワタシ・・・。
posted by もあぱそ at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

親思い…

父親を刺した高校生、親子関係のもつれとかではなくって「引きこもりがちな自分の面倒をみることが大変だと思い刺した」と供述しているんですって。
これは、悲しいなぁ。相手を思ってやったことなんでしょう。「自分の面倒をみるよりも…」という気持ち。わからないでもない。で、「いっそのこと」と行動に出てしまった? 親を思ってのことなんでしょう、彼にしてみれば。
大変なことをしてしまったと泣いていると言います。
一瞬の気の迷いからなんでしょう…

「引きこもる自分の面倒見は大変」…父親を刺した高1供述
1月11日9時18分配信 読売新聞

哀しい、親を思う気持ちです。
posted by もあぱそ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。