2010年03月10日

残念です

う〜ん… 残念です。
残念だけれども、事実ならばいたし方ありません。

以前に銃砲刀剣類所持等取締法違反容疑で書類送検されたときにも残念な思いはありましたが、今度のことでは容疑を認めていらっしゃるようで言葉にできません。

ワタシが存在するどこかに「ワタシがいないのなら成り立たない」と言われるようなところなどありません(断言します 笑)。
彼には「彼がいなければ成り立たない」と言われる場所があるだけに、余計に残念。
もちろん、ワタシにだって、彼のいないあのバンドは存在し得ないと思えるもの。

彼を覚醒剤所持に走らせた理由が何なのか、もちろんワタシが知るはずもありません。
病気がちな親族の存在もあったのかもしれない、それで疲れていたのかもしれません。

何の理由があったかは知らないけれども、覚せい剤などに頼ってほしくはなかったとワタシは思うのです。覚せい剤所持・使用に正当な理由などないはずですもの。

残念… です。

JAYWALKとの契約解除 所属レコード会社
3月9日22時1分配信 産経新聞
 事務所の知久社長は「中村耕一のいないJAYWALKは成り立たない。何年後になるか分からないが、皆さんが許してくれる状態になれば、そのときはJAYWALKとしてもう一度やりたい。何年でも待つつもり」と肩を落とした。
posted by もあぱそ at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

人それぞれでして…

たまたま目にしたテレビには、彼女の演説の様子が映し出されました。
「うますぎる演説」と記事タイトルにはあるのですが…。
(感嘆符と疑問符付きですけど)

うまいんですか?と疑問を感じたワタシ。
お話の途中表情が強張り、もしかすると隣に見えた「怖すぎる顔」のお方よりも怖く見えたりしたワタシ。

「美人すぎる…」とされるお顔も、ワタシにはそう映らない(あぁ、これはワタシの個人的な感覚でして、世間の皆様のお考えを否定するものではありません。まったく個人的な見解ですので悪しからず m(__)m )。

「うまい」「美しい」「怖い」は、その人個人が感じることでして、報道に影響されるものではありませんので、上の見解は(しつこいですが)あくまでもワタシ個人の見解で。

うまいのかなぁ…。
美しいのかなぁ…。

藤川優里市議、うますぎる演説!?大島幹事長も絶賛、“ゆり節”で絶叫
[ 2010年3月8日8時00分 ] (スポーツ報知)
posted by もあぱそ at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

泰然自若で

ずいぶん古い報道から…^^;

実は、三波伸一さんという喜劇役者を存じ上げませんで。
掲載された顔写真で、いつか拝見したかなぁと思うくらい(申し訳ありません)。

三波伸介さんは、よく知っておりますとも。
笑点での司会、記憶にありますもの。好きでしたもの。

三波伸一が「二代 三波伸介」を襲名 会見で「びっくりしたなぁ、もう!」
oricon career 2009年12月08日 19時00分
 もっとも、流行語にまでなった名ギャグは「私が1歳半の頃、おもちゃに向かって言っていたようなので両親は『元祖はお前だ』と話してくれた。でも…外づらがいいというのか…弟子と子供には厳しかったんですよね」と当時を振り返った。  2代目を継ぐことのプレッシャーもあるが「親父はよく『男は慌てるな』と言っていた。(亡くなってからの)27年間もそれを貫き通した。他の方は違うと思いますが、私の場合は親と同じ土俵ではない。五輪選手と中学生が100メートル競走をやる感じ。泰然自若(たいぜんじじゃく)で来ましたので…」と自分なりの三波伸介を作り上げると誓っていた。


アハハ。元祖はお前だ、はいいですねぇ。
おもちゃに向かって言っていたんですね、伸一ぼうや。「びっくりしたなぁ、もう!」 って(笑)。うん、なんか想像できる光景です。んで、伸介さんが流行らせちゃったってわけね。あの表情で。あの表情、そういえば子どものような感じがありましたよ。

「男は慌てるな」、ですか。これも、いいなぁ。泰然自若で、そう、泰然自若でいいじゃない。

大辞泉より
たいぜん‐じじゃく【泰然自若】
落ち着いていて物事に動じないさま。「―として騒がず」
posted by もあぱそ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

メダルの見せ方

オリンピックの写真報道で、よくメダルを噛むしぐさを写真に掲載されています。「どうして、誰も彼もメダルを噛む写真ばかりなのかしら」なんて思っていたら、どうやら裏の事情?があるんですね(笑)。

メダルかんだら歯が折れた=「銀」のドイツ選手〔五輪・リュージュ〕
(時事通信) 2/18 20:03
 【ベルリン時事】18日のドイツ公共テレビARD(電子版)によると、14日に行われたバンクーバー冬季五輪のリュージュ男子1人乗りで銀メダルを獲得したダビッド・メラー(ドイツ)がメダルをかみ、歯が折れるハプニングがあった。
 表彰式でカメラマンの要請に応じてメダルをかんだところ、上の前歯の一部が欠けてしまった。痛みはなかったものの、「いい写真と思い出を残したかったので、すぐに歯医者で治療した」とメラーは話した。 (了)


カメラマンの要請に応じてメダルを噛んだとか…。
カメラマンさん、写真撮影の際には「メダルを噛んで」って表彰台に登った選手たちに声をかけているのね。
どおりで、そういう写真が多くなるはずです。
「メダルを噛んで」に「嫌です」って答える人もいるはず。断ったなら写真が掲載されないってわけでもないでしょうに。

しかし、要請に応じてメダルを噛んで歯を折っちゃうなんてかわいそう。折れるまで本気に噛んじゃうところ、それだけ嬉しかったんだろうしねぇ。
「カメラマンさんのおかげで歯を折っちまった」なんて言いたくもなるでしょうに。
そのたびに「メダルを噛んで」って誰にも彼にも要請して写真を撮影するのもどうかなぁと。もっといいポーズがありそうなんだけどなぁ。
posted by もあぱそ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

まっしぐら、か

あくまでも幼児についての調査らしいのですが…。
もしかすると大人にも通じるのではと思わせられたりして。

<幼児肥満>孤独な夕食+寝不足+テレビ=1.7倍 米調査
2月15日2時36分配信 毎日新聞
 孤独な夕食や睡眠不足、テレビにくぎ付けという3要素がそろうと、そうではない幼児に比べて1.7倍も肥満の割合が増えることが、米オハイオ州立大などの研究チームの調査で分かった。運動不足や間食が背景とみられる。米小児科学会誌3月号に掲載する。


きっと大人にも当てはまるよね。
孤独な夕食、睡眠不足、テレビの3要素。
運動不足と間食、ねぇ。

食事の後に「別腹」と称して、何かを食していませんか(笑)。
ワタシ、今まで自分には「別腹」などないと言い切っていましたが、最近「別腹」が出来たみたいで…(笑)。
甘いものを食べないワタシでしたが、妙に甘いものがほしくなるときが増えてきたり。
困りました。これでは、先が見えてきます。「肥満」への道をまっしぐら、という可能性が大きくなってきました(ヤレヤレ)。

・・・注意しなくっちゃ。
posted by もあぱそ at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

ジュドウキツエン

どうやら、厚生労働省では禁煙を守らない職場や喫煙者に罰金を課す検討を始めたらしいのです。

禁煙守らぬ職場や人に罰金 厚労省が内部で検討 (J-CAST)
[ 2010年2月13日10時00分 ]

まっ、いずれにしましても「喫煙室」をつくることになるのなら、それはそれでよしとしましょう。
雨の日も風の日も外で吸わねばならない環境が減っていくのであれば、ワタシとしても喜ばしいことです。

ただ…  受動喫煙問題はわかるのだけれど、マナーを守る喫煙者が締め出しを食らうようなこの環境は果たして正しいことなのかしらとワタシにはどうしても疑問が残ってしまうのです。

なぜここまで、喫煙者の立場は追われてきてしまったのでしょう…。
posted by もあぱそ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

1億1万円…

「無人島かぁ…」という記事を1月14日に投稿しまして。
いくらなのかしらねぇ、なんて考えていたわけですが。

日本初!無人島落札、1億円も出した「隣の島の会社」の理由
産経ニュース 2010.2.10 11:07

どうやら、手付かずの状態で置いておくのだそうです。
ほかのところが入札した場合に「何が行われるのか予想できない」ということで落札したものらしいのです。

1億1万円、ですか。
落札してなお、手付かずで置いておくという…。

いいお話なんだと思うなぁ。落札したものに開発計画を持たない、なんて。
posted by もあぱそ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

気になります…

昨日の報道から…

山形大 「文章のいろは」必修科目に
2月8日12時46分配信 毎日新聞
 「やばい」「微妙に」といった話し言葉を文章でも使う学生が目立つことから、山形大は「話し言葉を書かない」など新入生が大学で学ぶうえでのいろはを教える「スタートアップセミナー」を4月から新入生の必修科目とする。専用テキストを作った立松潔教授(経済学)は「文章能力の衰えを感じる。必修にしないと、基礎的なことができない学生が受講しない」と話している。


話し言葉の乱れ、ということでしょうか。そして、文章能力の衰え、ということ?(なんて、こんなことを書くワタシにしろ、乱れ衰えていることに変わりはないのです 汗)。
で、「必修にしないと学ぶべき人が学ばない」というところが気になりまして。そうでしょうとも、ほんとは受講してほしい人が受講しない可能性のある選択科目では意味がないんですものねぇ。
今までも似た講座はあったが選択科目だったため、興味のない学生は受講しなかったという。

ねっ、そうでしょうとも。

ワタシも、受講してみたいと思うけれども、それは叶わぬことで…。

えっとぉ…
大したことではないのだけれど、気になるコマーシャルがひとつ。
三菱自動車さんの「BAG」篇。
最後に、
「おトクにもほどがある!!!」
って声が聞こえて、そんで、それに答える言葉が。
「すいません」


まっ、いいんですけれど。みんな遣ってるし。文章にも書かれてくるのを拝見しますし。一般的ですもの。
でもねぇ、なんか気になるの。
「すいません」
コマーシャルだし、文字まで出てくるし。
スイマセン、って声だけなら気にしないかもしれないけれど、文字にまでされちゃうとねぇ。

どうでもいいのだけれど、気になるなぁ…と思っている最近のワタシです(笑)。
「すみません」って言ってほしいなぁ、本気で謝るのなら。
posted by もあぱそ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

Blogの人気… Blogの意味…

そうなんだ。
だよねぇ、そうかもねぇ。

新たなソーシャルメディアの人気に押されつつある Blog
2月4日12時31分配信 japan.internet.com
3年前は、ティーンエイジャー (ここでは12歳から17歳まで) および若年成人 (18歳から29歳まで) の28%が Blog をやっていると答えていた。しかし、2月3日に発表された2009年の調査ではティーンエイジャーの14%、若年成人の15%にとどまっている。

ただし、その上の世代になると話は別だ。今回の調査で Blog をやっていると答えた30歳以上の回答者は11%に達し、2006年の7%から上昇した。

10代ではブログ人口は減少、30歳以上では増加、なんですねぇ。

まっ、ワタシのように中身のない戯言やひとり言を書いていても、自分自身でさえ意味を見失いがちな毎日… 人気が減少するのもうなづけます。

ワタシのこれがいつまで続くのかは自分自身でもワカラナイし。もしかしたら朝青龍さんのように突然の引退を「突然に」口にすることもあるかもしれないし。

まっ、そういうことで… 休みましょう。早めに。
posted by もあぱそ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

一件落着…

昨日のエントリの続きですが・・・。

よかったですね。
で、「文部科学省からの指摘もあったという」って、どんなものだったんでしょ?

安治川親方が退職撤回=立浪一門にも残留
2月3日20時5分配信 時事通信
 一門から対応を一任された友綱親方は「師匠にも相談しておらず、行動は軽率だったと思う」と話した。懲罰的な扱いはしない考えで、一門の規律に厳しい角界では異例だが、文部科学省からの指摘もあったという。


<安治川親方>一転、退職撤回「一門のご厚意で」
2月3日21時53分配信 毎日新聞
 友綱親方は「過ぎたことはしょうがないと説明した。説得ではない」とホッとした表情で話した。立浪一門から2票が貴乃花親方に流れたとみられるが、今後は「造反者探し」を行わない。

 この日夕方、京都府内で豆まきに参加した貴乃花親方は「公平な選挙というのは無記名なので名乗り出なくていいと思う。安治川さんがしてくれたことは将来につながる第一歩だと思う」と語った。


造反者探しは行わない… そうですよね、そうでありたいものです、そうあってほしかった。
名乗り出なくていい… そうです、そうあるべきだし、造反者探しや名乗り出ることなどもともとあるはずのものではないと思うのです、選挙ですもの。

選挙前から、監督官庁の文部科学省は「公正な選挙を求める電話をしている」ということだったらしいし。

落ち着くべきところに落ち着いたなぁと、素人考えのワタシは安堵したのでした。
posted by もあぱそ at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

選挙

ただひとりを標的に「攻撃する」ような会議なり集会なり授業なりはあってはならないものと思うのですが、もしかするとこの会合ではあったのかもしれないなぁ…などと感じたりもしました。

安治川親方、理事選めぐり退職へ=立浪一門から貴乃花親方に投票−大相撲
2月3日0時16分配信 時事通信
 立浪一門は2日午前、東京・両国国技館で選挙結果を受けての会合を開いたが、その席上で安治川親方は自ら、貴乃花親方に投票したことを告白。投票前に退職も覚悟しながら貴乃花親方に票を投じた理由を「熱い気持ちを持った親方だし、1票入れることによって何か変化があればいいと思った」と説明した。


選挙という場で、投票権を持つ者が誰に投票しようと、その権利を持っている者の自由だと思うのです。
無記名でも、記名式でも。
無記名ならば、投票の内容について個人が特定されないことが前提でもあるはず。たとえ派閥があって、派閥の意思があるとしても、個人の投票は自由であるはずのもの。
その結果がどう出ようと、出た結果に基づく投票の有無・投票の内容を理由に責められるはずのものではないと思うのですが。

仮に10票集まるはずのものが2票不足。
派閥の10票確実の中で不足が出るのなら、派閥のなかに不足の理由があると。
どなたですか?

単純に引き算して推測されるものなら、その不足の源となった人が攻撃される… ことにもなりかねないなぁと。

集まるはずのものを確実と前提するのなら、公平さを訴求するような選挙などしなくてよい。この人、あの人と、出来レースで決めてしまうのが最もすんなり行くし後味もいい。選挙など必要あるまい、と思ったりするわけ。

迷惑をかけたから、けじめをつけて退職を決める… そんな余計な結論まで出さざるを得ないのなら、求められるのなら、選挙の意味などどこにもあろうはずがない(とワタシは素人だから勝手に考えたりもしました)。 
posted by もあぱそ at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

悩める者…

長期休養の理由が不明という昨日のエントリ。

そのあとは、パニック障害が理由で長期休養していた彼女の報道。
「芸能界を長期休養した本当の理由を知って欲しかった」ということらしいのです。

パニック障害告白の安西ひろこ生イベント (日刊スポーツ)
[ 2010年1月30日19時57分 ]

突然生じるパニック発作、予期不安…と進んでいくらしいのですが、ワタシにその苦しみなどわかるはずもない。

理由も言えずに長期休養に入る人、長期休養から復帰してその理由を語る人。

とにかく、この世には悩める者が多すぎる、ということかしら。
posted by もあぱそ at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

科学的証明

はい、我が家の愛犬も、自分の名前をわかっていますとも、もちろん。

チンパンジー 自分の名前を認識 脳波実験で判明
1月25日10時52分配信 毎日新聞
 上野准教授は「チンパンジーが自分の名前を区別できていることは経験上知られていたが、初めて科学的に証明できた。名前を呼ぶと反応するイヌなども同じ仕組みを持っているかもしれない」と話している。


ほら、ご飯をあげるときも、
「よし!」
で食べるのだけれど。
「よし ださん」
「よし こさん」
「よし じゃない」
…とかからかうと、ちゃんと待っているものねぇ。
犬は、言葉を理解する…らしい。

あっ、もちろん、猫もわかっています。
○○と呼ぶと、興味はなくっても耳だけ動かしたり、尻尾だけ振って見せたり。
部屋から消えても、○○と呼ぶと鈴を鳴らして駆けてきますし。

うん、動物は言葉を理解しているはずです、もちろん。

そうでしたか、科学的に証明できたのは初めてだったのですね。
そうなんだぁ、科学的に証明できていなかったんだぁ。
posted by もあぱそ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

助けてと言えない…

「今、こうあるのも全て自分が悪い。だから、助けてと言えない」
昨日、クローズアップ現代(だったかしら)で彼が言った言葉。
よくわかります。その気持ちも、その口惜しさも…。
それよりも、彼の言葉で心動いたのが、「今、助けてと言って助けてもらえたとしても、逆に助けてといわれたときに何もしてやれない自分。だから、助けてとは言えない」… そんな内容だったと思う。

自分がもし誰かに助けてもらってこの場を逃れたとしても、誰かが助けてと自分に言ってきたときに何もしてやれないのでは「助けて」という資格などあるはずがない。そんな気持ちなんだろうかしら。

そうであるなら、彼の考え方は素晴らしいと思う。自分だけ、と願うよりも自分が逃れても誰かが逃れられないのなら本意ではない、ということなのだろうから。

あの番組、30代の人々がなぜこうした状況にあるのかを追っていました。働き盛りのはずの30代が、と。
救われるのは、抱えているのが「自分」のみ(いえ、抱えるべきだが、抱えきれないから自分だけとなっているのだけれど)。自分を立て直して、誰かをも抱えていこうと将来を考えていること。

立て直しが自分ひとりの力でできるものならば、どれだけ希望をもてるだろう・・・。
posted by もあぱそ at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

小林繁さんへ

前日には梨田監督と会っていたというのですから、本当に突然亡くなられたんだなぁ…。

元巨人、阪神投手の小林繁氏急死=「江川騒動」で移籍、57歳
1月17日17時12分配信 時事通信

心不全。
57歳。
自宅で倒れて病院へ。
最近の江川卓さんとのコマーシャルが印象的。

突然の訃報に驚きました…。

御冥福をお祈りいたします。

同日、桑田真澄さんのお父さんもお亡くなりになったらしい。
<火災>桑田真澄さんの父が死亡 浜松で住宅全焼
1月17日14時23分配信 毎日新聞
ご自分のお誕生日に・・・。
posted by もあぱそ at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

むしゃくしゃして…

日本の警察はすごい、そして日本人は正直…。

<常磐自動車道>自転車など投げ込む 中学生を検挙、補導
1月11日12時45分配信 毎日新聞

自分たちの乗っていた自転車を投げ入れたのかしら、合計3台も?
「学校が面白くなく、むしゃくしゃしてやった」… 幸いにも大きな事故にはならなかったようですけれど、大きな事故につながる可能性が十分にあるというのに「むしゃくしゃして」って。
そういう理由を口にされることがよくあるようですけれど、なんだかねぇ…。

10日午後11時10分ごろに自転車1台、約7時間後に自転車2台と消火器3本、そして11日午前7時半ごろに検挙。自転車2台を投げ落としてから約1時間後の検挙ということですか。職務質問を受けて投げ込みを認めたらしく。

すぐに認めるだけの素直さがあるのなら、こんな大それたことなどしてほしくないなぁ。
「むしゃくしゃして」なんて・・・。

大辞泉より
むしゃ‐くしゃ
[副](スル)1 いらいらして気分が晴れないさま。「嫌なことばかりで―(と)する」2 頭髪やひげなどが乱れているさま。もじゃもじゃ。 「―と垂れた白髪まじりの髪は」〈中勘助・犬〉[名]気分が晴れないこと

「むしゃくしゃ」といえば、ワタシのここ最近の気分も「むしゃくしゃ」しているのです(笑)。
だからといって、何をしようとは思いませんけれども^^;
posted by もあぱそ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

彼らしい喋りを

林家こん平さん、約5年半ぶりの定席復帰。お待ちしていました。

<林家こん平さん>5年半ぶりの定席復帰 「大トリ」で登場
12月21日19時48分配信 毎日新聞

常設の寄席に5年半ぶり。
多発性硬化症のリハビリ。
 介助なしで登場したこん平さんは、拍手の中、高座に座ると「大勢の方に集まっていただきうれしいです。一生懸命歌います」とあいさつ。人気長寿番組「笑点」(日本テレビ系)でおなじみの「1、2、3、チャラーン」のポーズを決め、健在ぶりを示した。興行は25日まで。


彼らしい落語を、彼らしい喋りを、早く聞きたいし早く目にしたいと願っているワタシです。
posted by もあぱそ at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

無駄?…

どういう効果をねらったのでしょうねぇ…。
見るからに男性であるのに「女性」と言い張る…。
その場しのぎ、なんでしょうか。成功したとしても、すぐに見破られることでしょうし。

<無免許>31歳男逮捕…「私は女」反則切符に妻の名 香川
12月12日10時58分配信 毎日新聞

奥さんの名を語って、免許証照会されたのなら写真が違うでしょうし(奥さんが免許証を持っているとして)。
 免許証を照会したところ性別が違っていたため追及。

免許証照会の時点で、正しいお名前を伝えたのかしら?

いずれ、何をしようとしたのか、ワタシにはよくわからない…。「無駄な抵抗」、ということかしら?
posted by もあぱそ at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

他人の屋根裏

他人の家の屋根裏に数ヶ月寝泊りしていて逮捕され、出所後は他人の工場の屋根裏に数日寝泊りして逮捕されたという女性について昨日報道されていたのですが、まだ「今日の話題」に見えてきません…。

しかし… 数ヶ月他人の家の屋根裏に寝泊りとは・・・ す・すごい・すごすぎます。

詳細は如何に?(確かに昨夕、報道されていたんですけれど… )
posted by もあぱそ at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

休刊・・・

よく読んでいた「学習」「科学」(小学五年生、小学六年生も)が休刊…。なんだか、ワタシでさえ寂しさを感じます。

「学習」よりも「科学」の方が読む機会が多かったように思います。もちろん、親に買ってもらっていたわけですが。付録を作って試して楽しんでいました(それなのに、その後の理系の成績は思わしくなかったなぁ 汗)。だから、手元に届くのを楽しみにしていました。
う〜ん、残念だなぁ。

「小学五年生」「小学六年生」が休刊・来年春に学習まんが誌「GAKUMANPLUS」を創刊へ
2009年10月27日07時22分 / 提供:Garbagenews.com livedoorニュース

今回の説明通りなら、小学校高学年向けの雑誌としては、ローティーン向けグラビア雑誌化した「小学五年生」「小学六年生」から、「学習まんが」へ方向転換(ある意味温故知新的なもの)を図ることになる。具体的にはどのようなスタイルになるのだろうか。具体的な姿を見せるのはまだ先の話だが、気になるところではある。

ローティーン向けグラビア雑誌化した…か、そういえば、そんな話題をテレビ番組でみたような気がします。学習まんがへの方向転換、はワタシが懐かしく覚えている内容に戻るということになるのかしら。

いずれ、最近「休刊」の話題が多いように感じます。
posted by もあぱそ at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。