2011年12月29日

パワハラ

熊本市たかりパワハラ「処分甘い」抗議1千件超
読売新聞 12月29日(木)11時39分配信

ふ〜ん…
馬鹿げていますね。「馬鹿げている」という表現は誤解を招きそうですが。

公用車を運転して道を間違えたことがきっかけで「いか天、1本」というのが最初だったと聞きました。
道を間違えたって、間違い発生時点で教えてあげればいいものを。教えないで罰金というのが馬鹿げています。

それ以来、上司2人が経験少ない新人職員にことあるごとに罰金を課し、100万円以上をパワハラでおごらせたらしい。それでいて上司2人を停職6ヶ月の処分にとどめた市側への抗議が1千件以上になったと。
そりゃ、どなたが考えても馬鹿げた行為です。というか、そのパワハラに2年半も耐えて対応してきた彼はスゴイを通り越して、どう表現すればいいのやら…。

ひどいお話です。
posted by もあぱそ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

テレビ離れ、なの?

いけない、いけない・・・。
このまま投稿をサボって(笑)いたら、ワタシ自身が埋もれてしまう。
何か書かなきゃ…と地方紙を眺めてみたけれど、書きたいことがなく(いえ、あるんだけれど書こうと思えず)。
ならばとネット上のトピックスを眺めてみたけれど、それも(以下同文)。
で、こんな配信記事が。
解約5万9000件=地デジ移行で―NHK
時事通信 9月27日(火)18時35分配信

 NHKは27日、被災3県を除くテレビの地上デジタル放送移行に伴い、受信契約の解約件数が7、8月で計5万9000件に達したことを明らかにした。解約の申し込みがあったものの、まだ確定していない分もあり、最終的な件数はさらに増える可能性がある。
 放送を受信できる設備がある場合、視聴者はNHKと受信契約を結ぶ必要がある。しかし、7月24日にアナログ放送が終了し、地デジ対応テレビを持っていない場合は契約が必要なくなったことから、解約の申し込みが増加している。


解約が59000件、たいへんですね。
でも… 地デジ対応テレビを持っていないなら契約不必要ということで解約、というのなら地デジ対応テレビを持たずに現在生活している家庭が59000軒あるということなのね。テレビ離れしている家庭が59000軒あると…。

ワタシ、たしかに地デジ対応テレビを購入していますので契約はそのままなのですけれど。

以前の記事では9万件ってありました。
契約終了受け付け9万件=地デジ化でNHK
 NHKは8日、7月24日のアナログ放送終了に伴う受信契約の終了を求める電話の受付件数が8月末までに約9万件に上ったと発表した。松本正之会長は8日の会見で「今後、10万件は超すだろう。かなり大きな数字」と述べた。現在、終了の規定に該当するかどうか確認中で、最終的な件数は分からないという。(時事ドットコム 2011/09/08-17:49)

終了規定に該当するか否かの確認もあって、さらに地デジテレビ購入もあったりして件数が減少したのでしょうけれど。

でも、59000って数字は大きいですよねぇ。


って、こんなところを投稿しておいてっと(汗)。
posted by もあぱそ at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

あらあら…

やれやれ、ですよねぇ。

引き上げたばかり…たばこ増税、来年度は見送り
読売新聞 10月27日(水)0時24分配信
 政府税制調査会(会長=野田財務相)は26日、2011年度税制改正で厚生労働省が要望しているたばこ税の引き上げを見送る方針を固めた。
・・・
 政府税調は26日、11年度の税制改正要望について厚労省などから聞き取りを行った。小宮山洋子厚生労働副大臣は、国民の健康のために、欧米の先進国並みの1箱600円台への引き上げを求め、700円台に上げても、たばこ税収は減らないと主張した。


「国民の健康のため」、ですものねぇ。
ありがとうございます、気を遣っていただきまして。

ちょっと古いんですけど、こんな時評がありまして。
第二十四回 健康オリンピックと貧富の差
「健康寿命」を世界一に
貧富の差がそのまま医療の質に反映すれば
日本の強さは失われる

【関西ジャーナル 2001年5月25日号掲載】
抜粋します
1970年には15位だったアメリカは、1990年頃には20位に落ち、更に最近は25位前後に甘んじているとのことだ。
 一方日本はそのアメリカを尻目に目覚ましい躍進ぶりだ。1960年には23位だったものが1977年には世界一になってしまい、今や日本人の平均寿命はアメリカ人より3年半ほど長くなっている。日本人男性の喫煙者数はアメリカ人男性のそれより2倍も多いにもかかわらず、喫煙に起因する死亡者はアメリカの半分だという。


古い記事で申し訳ありません(ペコン)。
こうした時評を引用して(勝手に引用して申し訳ありません)、今現在がどうなのかもわからないワタシです。
でも、「国民の健康のために、欧米の先進国並みの1箱600円台への引き上げを求め…」って、米国並みの引き上げをして、米国並みの健康度に落ちちゃうのもいやだなぁって思うのね。

ワタシの健康なんて気にしてくれなくっていいの。
多くの喫煙者の方々も、気にしてほしくないと思っていらっしゃるかもしれませんし…。
まず、あなたの周りの喫煙者に注意を払ってほしいの(あっ、もちろん既に!ですよね)。

って… こんなことを書いたら、非喫煙者にも不愉快な思いをさせちゃうよねぇ。
ごめんなさい。

増税に次ぐ増税… 健康のために… はい、ありがたいことです。
posted by もあぱそ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

えっ?

んっ?!
これも気になりますぅ。

中森明菜、全公演キャンセル…「体調不良」重病か?
スポーツ報知 10月27日(水)8時0分配信
 歌手の中森明菜(45)が体調不良のため12月に予定していたディナーショー10公演をすべてキャンセルしたことが26日、分かった。公演まで1か月以上も前のキャンセル発表だが、所属レコード会社は「体調不良としか聞いていない」と不可解なコメント。公式ホームページにも説明がなく、病状が心配される。


中森明菜さん、体調不良で?
詳しくわかんないから、余計に気になります。

だいじょうぶかなぁ…。
posted by もあぱそ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジロさん

ジロさんが。

坂上二郎、入院していた…盟友・欽ちゃんが明かす
スポーツ報知 10月27日(水)8時0分配信
 9月30日に病院に見舞いに行った欽ちゃんは、坂上と1時間ほど談笑した。病状について「ベッドで明るい顔をして『大丈夫だけどね』って言っていた。顔もぷっくらして手もツルツル。口の方は元気で、言葉はまともなの。僕がツッコミを入れると、イヒヒヒってうける。笑いも大丈夫なんだよ」と元気さを強調する一方で「手が麻痺している。足も反応していなかった」と説明。手足の自由が利かず、介護を受けながら入院生活を続けているという。


坂上二郎さん、好きなんです。
コント55号で、どっちかと言えばジロさんのほうが好きなの。

早く回復してくれればいいなぁ。回復してほしいなぁ。回復、するよね。
posted by もあぱそ at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

プレッシャー

「周囲からのプレッシャー」、それはあるのかもしれません。
あるのかもしれない、というより、きっとあるのでしょう。
自分自身の葛藤もあるでしょうし、そうみられているという思いもあるでしょうし。仕事が順調なのだし気にすることではないと思っても、そう思えば思うほど自分を囲む周囲の考えを気にせずにはいられない。
そうでなくても、ひとときを一人で過ごすうちに「パートナー」の存在を考えてしまうこともあるのかもしれません。

で、結論としてここまで計画できるものかしらと。

「自分自身と結婚」という計画を考えられるかしら。
友人を招いて結婚披露宴。
隣に立つ結婚相手は存在しない。
「プレッシャーに反発」して、「自分との結婚」を計画して披露宴を行うのだと言います。

「仕事は順調、でもパートナーはいない。どうすればいいというのか」

どうすればいいというのか… 
このままでいいじゃないの。何も不足はないじゃないの。仕事が順調で、友人も多くって、これで十分じゃないの。あえて、無理にパートナーなど求める理由もないし、必要ともしていないのだから。必要と感じないのだもの、今のままでいいじゃない。

・・・ワタシはそう思うのだけれど、計画は「プレッシャー」から始まったのだそうです。

到底ワタシには考えつかない計画なのだけれど、そう行き着くまで「プレッシャー」とは大きなものなのだと、この報道に考えさせられたワタシ。

台湾の30歳女性が自分と結婚へ、社会のプレッシャーに反発
ロイター 10月22日(金)17時7分配信
 [台北 22日 ロイター] 台湾の会社員Chen Wei-yihさん(30)が、ウェディングプランナーを雇い、来月に友人30人を招いて結婚披露宴を行う計画を進めている。しかしChenさんは自分自身と結婚する予定なため、その隣に新郎の姿はない見通しという。

 台北市内の企業に勤めるChenさんは、心がときめくような男性との出会いがなかった一方で、結婚すべきという社会からのプレッシャーが今回の計画を決断した理由だと話す。「私にとっては30歳になった今が最高のとき。仕事は順調、でもパートナーはいない。どうすればいいというのか」とジレンマを感じていたという。

 Chenさんは結婚披露宴に続き、オーストラリアへの「新婚旅行」にも単身で行く予定。

 「自分との結婚」は、公的に登録することができないため、もし将来的に結婚相手となる男性と出会った場合にも問題はないという。


posted by もあぱそ at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

お2人へ…

ワタシの好きな俳優お2人がお亡くなりになりました。

小林桂樹さん死去 映画「社長」シリーズ、テレビでも渋い演技
産経新聞 9月18日(土)17時48分配信
 映画、テレビで幅広く活躍した俳優の小林桂樹(けいじゅ)さんが16日午後4時25分、心不全のため東京都港区の病院で死去した。86歳。葬儀・告別式は近親者のみで済ませた。後日、お別れの会を開く予定。


名脇役として活躍、俳優の矢野宣さん死去
読売新聞 9月18日(土)14時32分配信
 名脇役として、現代劇から時代劇まで幅広いジャンルで活躍した俳優の矢野宣(やの・せん=本名・のぶる)さんが17日、食道がんのため亡くなった。
 82歳だった。


何を書いても、うまく伝えられません。
心よりご冥福をお祈りします。
posted by もあぱそ at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

言い争いで、新幹線を遅らす…

ずいぶん前に目撃した喧嘩がいまだに記憶に残っていたりします。

道路にいきなり車が停まって、出てきた男女二人。女性が、なんだか怒った様子で、出てきた車から足早に離れていきます。それを追って出てきた男性が、追いかけていく…。何があったのか、結局どうなったのか、運転していて通り過ぎただけのワタシにはわかるはずもないわけで。
どうなったのかしらねぇ。

たまたま寄ったコンビニの駐車場で、大声で喧嘩をしているらしい男女。何のことで喧嘩しているのか、たまたま通り過ぎたワタシにはわかるはずもなく、他人事にどう接すればよいかもわからず、買い物をしてそのまま離れたワタシ。
どうなったのでしょうねぇ。

で、この記事。
駅弁購入をめぐり男女がけんか 「こだま」遅れる 博多駅
産経新聞 9月15日(水)20時2分配信
 15日午後2時20分ごろ、福岡市博多区のJR山陽新幹線博多駅に停車中だった博多発新大阪行きのこだま車内で、乗客の男女が大げんかとなり、発車が15分遅れるトラブルがあった。JR西日本は「男女のけんかで新幹線が遅れたトラブルは聞いたことがない」としている。

 JR西や福岡県警鉄道警察隊によると、2人は中国地方在住で内縁関係にあり、男性は60代、女性は40代。駅弁を買うかどうかで言い争いになり、車内でののしり合う騒ぎになった。

 このため、駅員からの110番で鉄道警察隊員が出動。2人に降車を求めたが応じず、こだまはそのまま発車。さらなるトラブルを防ぐために鉄道警察隊員3人に監視され、2人は新下関駅で降車したという。

 JR西は「仲直りしたかはわかりませんが、発車後はお互いに冷静になられていたようです」。このトラブルで新幹線が上下3本遅れ、約1300人に影響した。


駅弁を買う・買わないで言い争いというのも、言ってみれば「お幸せなことで」。ただ、その争いで新幹線を15分も遅らせ、降車の求めにも応じず、監視下に置かれて乗車を続ける…なんて、まぁ「すごい」といえば凄いな。
それだけ「ご自分の意見をもつ、意思を表に出す」ということもすごいといえば凄い。

とは言え、「やりすぎでしょ」とも言えそう。降車したあと、そのお二人はどうされたのでしょう、気になります。
「いやぁ、ついつい夢中になっちゃったなぁ」
「ほんと。まさか、こんなことになるなんてねぇ」
「遅れを賠償請求されたら、どうしよう」
「そんなこと言われなかったから、ないんじゃない」
「そうかなぁ、心配だなぁ」
「だいじょうぶよ、きっと」
「そうかなぁ」
「まっ、おとなしく旅を続けましょ」
「大丈夫かなぁ」
「・・・」

なんて、会話があったものかどうかワタシにはわかりませんけれど…。
・・・どうしたでしょうねぇ、そのお二人…(笑)。
posted by もあぱそ at 03:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

タニケイさんへ

また、大事な方がお亡くなりになられた…。

元クレージー・キャッツ、「ガチョーン」の谷啓さん急死 自宅階段で転倒
産経新聞 9月11日(土)16時14分配信
 警視庁三鷹署によると、谷さんは10日午後5時50分ごろ、東京都三鷹市大沢の自宅階段で1階から2階に上がる際につまづいて転倒し、階段に顔面を強打した。「バタン」という音に気づいた家族が階段で倒れている谷さんを発見して119番通報し、谷さんは病院に搬送されたが11日午前5時5分ごろ、死亡が確認された。


ほんとう、何がおこるのかわからないものです。
階段でのつまずきが、そのまま天国への階段となるなんて、ご本人だって想像もしなかったでしょう。
「釣りバカ日誌」の佐々木課長さん、ひょうひょうとして温かみある演技でワタシもファンでした。

ご冥福をお祈りします。
posted by もあぱそ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

残念です…

ファンの1人です。
渋さ加減がちょうどいいっていうか…。
いかにも悪のようでいて、意外とワルな行動が見えてこなかったりして。
(たしかに人身事故は起こしたかもしれないけれど… )
いい俳優だと思っていたワタシ。
まだまだ渋さを増して活躍できる人だと思っていました。

それだけに、残念な報道です。

根津甚八、俳優生活に幕…妻が激白「満足する演技できない」
スポーツ報知 9月6日(月)8時0分配信
 俳優の根津甚八(62)が俳優業に終止符を打つことが分かった。6日放送のテレビ朝日系情報番組「スーパーモーニング」(月〜金曜・前8時)の取材に妻・仁香さん(47)が応じ、「根津甚八はもう表舞台には戻りません」と告白。根津自身「もうテレビには一切出ません」と話していることを明かしている。


主演の中村雅俊さんと出ていた「誇りの報酬」って刑事ドラマが好きでした・・・^^;
posted by もあぱそ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

そこまで…

「真相報道 バンキシャ!」… 印象として、報道にかかわる事故が多いようにワタシには思える番組なのですけれど。
2人の遭難死を出した事故も、「バンキシャ」の取材班だったのだとか。

水死だった日テレ取材班「バンキシャ」で強行入山か
スポニチ・アネックス 2010年08月03日
「危険だ」という助言を無視して再び入山したことについては「翌日(1日)のオンエアに間に合わせるために必死だったのでは」と指摘した。


オンエアに間に合わせるために危険を承知で取材する、その意気込みは買うけれども、そこまで駆り立てるものは何? 
責任感、意欲、魂… もうワタシは失ってしまったようなものだけれど。
自分の意思だけなのでしょうか。そこまでしようとさせる製作側の意気込みもあるのでしょうねぇ…。

でも。きっと、そこまでしなくっても、そこまでさせなくてもって気持ちは遺された方々にはあると思う・・・。
posted by もあぱそ at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期待しています

ご苗字が印象的で、ずいぶん前から記憶にある方です。
近々に退社、という報道を目にしました。

読売テレビ解説委員長・辛坊治郎さんが9月退社
8月3日8時0分配信 スポーツ報知

報道局の解説委員長だったんですねぇ(それだけ長く活躍され、ワタシも長くテレビで目にしてきたってことですね)。
「あとは、自分のため、世のため人のために時間を使いたい」と。世のため人のための能力は、ずいぶんと蓄えてきているはずです。

別の報道では政界進出か、とも報道されていますけれど。
辛坊治郎氏、政界進出か…9月で読売テレビ退社へ
スポニチ・アネックス 2010年08月03日

政治家にご興味をお持ちだとか…。

どう今後を進んでいかれるのかわかりませんが、ワタシ個人的には期待しているんです、彼に。
posted by もあぱそ at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

それぞれの言い分

どちらの言い分が正しいのか、部外者のワタシにわかるはずもないこと。
わからないので、どちらの言い分も報道を目にするだけ、ということになります。

アーリーワークに遅刻すると罰金を徴収、その罰金を食事等で還元していたのだとか。そもそも、それは選手側からの提案だったとか。罰金徴収の実態が球団側に報告され、それを理由にルーキーに暴力行為に及んだのだとか。それは、指導の範囲内だったとか…。

まぁ、実際は良くわからないけれど、現実にはルーキーが残り、指導者としての彼は外れることとなりました。
指導者となる以前の彼のファンだったワタシとしては、どことなく無念を感じる結果なのです。それは、指導者としての彼の残念な行為として聞こえてくる報道が真実なのか虚偽なのかはっきりしないところによるわけで。

それぞれに言い分があり、その言い分を判断された結果により、現実として彼が外れることとなったという事実だけが残ったわけです。

2軍コーチのことでありチームに影響はない…というようなコメントがほかの記事で選手から寄せられていたけれど、「それもなぁ…」というやるせない気持ちはあります・・・。

本人は否定「コーチとして不適切な行為はない」
7月30日7時1分配信 スポニチアネックス
posted by もあぱそ at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

スバラシイ

ふ〜ん…
シドニーに「忍者」さんがいるらしい…
人を助けたらしい…

シドニーの「忍者」、強盗に遭った医学生を助ける
5月20日20時3分配信 ロイター
 強盗らは医学生を蹴り、地面に倒して携帯電話や音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」を取り上げようとしたが、黒装束に身を包んだ「忍者」たちに気づいて逃げて行ったという。


忍者学校の教師さんが生徒さんに救出を指示したところ、忍者に気づいた強盗らが逃げて行ったと。
詳細が良く飲み込めないのですけれど、スバラシイ(パチパチパチパチ)。
黒装束の彼らを忍者と気づいて逃げたのか、黒装束の彼らを自分たちより格上のファイターと思ったのか… 強盗さんたちの意識はわかりませんけれど、とにかく人助けはスバラシイ。

異国の忍者さんに拍手を!
posted by もあぱそ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

おもしろいなぁ

おもしろいなぁ…という言い方は相応しくないのかもしれませんけれど、いいなぁコレ↓。
世界初!愛知県豊田市で誕生したコメ兌換通貨の凄味〜「腐るおカネ化」で流通の加速を目指す
ダイヤモンド・オンライン5月14日(金) 8時30分配信 / 経済 - 経済総合
通貨単位は“むすび”といい、1むすびは無農薬・有機栽培・天日乾燥の玄米0.5合(おにぎり1個分)と交換できる。この通貨を幅広く流通させることで、荒廃した農山村の振興を図ろうというのが目的だ。

 さらに、コメとの交換以外でも、飲食店や雑貨屋など20店舗以上ある協力店舗で代金を支払う際にも利用できる。通常の通貨との交換レートが決まっていないため、販売者と消費者が商品やサービスの価値がいかほどなのか互いに決める形だ。

「価格の裏に隠れた本当のコストを、消費者が意識するきっかけになれば」と、吉田氏は話す。

 だが、それだけではない。じつはこのおむすび通貨、これまでの通貨の概念自体を覆すことにもチャレンジしている。それは通貨の“腐るおカネ化” だ。普通のおカネならば、時間が経てば金利分だけ価値が増えるところを、逆に減価させようというのだ。


ずいぶん前に、ネット上の冗談サイトで「1ハナゲ」(痛みの感じ方の単位でした)という単位が登場してワタシずいぶん楽しんだものでした(笑)。

今回は、実在の通貨単位。その名も「1おむすび」。
ふ〜ん。現在価値100円くらいでしょうかしら(んっ? 145円くらいかもしんない)。そして、時間の経過とともに価値が下がっていく。価値が下がらないうちに遣わなきゃ(笑)。
 これは「普通のおカネは利息の支払いと金利の受け取りが起こり、貧しい人から富める人のところにおカネが流れて滞留し、富の偏在を招く」(吉田氏)ことに対する挑戦でもある。

うん、「富の偏在」は決して招いてはいけません。いえ、招くことになどなってほしくない、それが当然と思い続けたくはありません(祈 ワタシは強く祈ります… ふぅ (^^ゞ )。
posted by もあぱそ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

どちらのなんでしょうねえ

「飼い主」に名乗りを上げるお2人、「ウチのです」「我が家の」と言い争いかと思ったら、そうじゃないみたいで。

逃亡クジャク、飼い主はどっち!?「ビデオ判定」へ
5月11日8時0分配信 スポーツ報知
 男性2人はクジャクの捕獲後、すぐに八千代署を訪れて対面。クジャクを前に「どちらのなんでしょうねえ」と穏やかに語り合っているという。


平和ですねぇ(笑)。いずれかと結論が下されても、これなら争いごとは起こらないのでしょうね。
どちらにも余裕が感じられますもの。

でも、「ビデオ判定」で間違いのない所有者判明となるのでしょうか。少し不安を感じたりして(^_^;)
posted by もあぱそ at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

五月病

内容がどうこうではなくって、「五月病」という言葉がまだ存在していたことにちょっと驚いているワタシ。

五月病の対処法、今年はひたすら“寝る”人が増加
東京ウォーカー5月 9日(日) 10時 1分配信 / エンターテインメント - エンタメ総合

五月病という言葉を始めて聞いたのは、ワタシがまたまだ若かったころ。もう何十年も経っているのに(笑)、まだこうして遣われているんだなぁ、定着しているんだなぁと…。

受験勉強の努力が実ってキャンパスを歩きはじめてから急に目標をなくしてしまって無気力になっちゃう…みたいな遣われ方をしてたなぁ。
posted by もあぱそ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

そういうことでしたか…

ちょっとタイトルを読んだだけでは、どういうことか意味が理解できなかったのです。

オードリー春日宅 公園に再現
で、読んでみますと…
オードリー春日宅が日比谷公園に“引越し” 1万人で春日体操に挑戦
5月2日7時31分配信 オリコン
前日午後から、選抜されたプロの引越し業者の手によって自宅荷物を完全移動させた部屋を見た春日は「ホコリも無く、普段より少しキレイ! 家賃は3.9万円だし、意外に居心地が良いので、今も引っ越そうとは思わないですね」とご機嫌。


はぁ、引越し業者さんの手によって自室を再現したわけですね。
はぁ、す、すばらしい。
そして、そこに集まるたくさんのファンのみなさん。
うん、すばらしい企画です。

これで安いアパートのそれなりの良さが知れ渡ってくれるのなら、それはそれでいいんじゃないかしら。
きれいなアパートで見栄を張るよりも、部屋をそれなりに工夫して良く見せるのも楽しいと思わせてくれる企画なら正解だったなぁと…。

えっ、そういうことなど考えていませんでしたか?

春日さんの人気、恐るべし…というところでしょうか。
posted by もあぱそ at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

モト冬樹さん、おめでとうございます(笑)

モト冬樹さん、以前からお話されていたとおり御結婚されるのだそうです。

モト冬樹結婚へ…5月5日に入籍&会見
5月1日9時12分配信 デイリースポーツ

あのお人柄が好きで、ワタシはファンのひとり。
おめでとうございます。
みんなでステキな家庭を築いてくださるものと思っていますし、そうしていただけますように期待していまぁす。
いつまでもお幸せに。
posted by もあぱそ at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

それを師とできるものなら

米寿を迎えた年、定時制中学の生徒募集のポスターを目にして「勉強がしたい」と夜間中学に通う生活をスタートさせ、91歳で3年間学んだ喜びをかみしめて卒業証書を受け取る…。
「夜間中学が私の青春。失ったものを取り戻せた」と実感を語る。
「学生生活は3年間と短かったが、楽しかった。これからも学び続けたい」と、これからの学びを誓う彼女。

91歳で学ぶことが楽しいと思えるのが素晴らしいと思う。
学ぶことが必要でありながら、学ぶ機会がありながら、踏み込めずにいるワタシなど彼女に比べるならなんと小さいことか。
学ぶ必要があるのなら学ぶべきとわかっていて先にすすめない。
ときに、学ぶことが怖かったりもします。

学びたくとも学べずにきた人にとって、機会をみつけて学べることがこれほどの喜びとなるのかと。
そういう人がたくさんいるだろう中で、なんてムダに生きてきたものかと(一瞬だが)思うワタシでした(だけれども、そのムダな生き方を続けていくのかもしれません)。

彼女を師とできればいいのですけれど。

夜間中学 91歳女性が卒業…戦災・震災乗り越え 神戸
3月10日15時2分配信 毎日新聞
posted by もあぱそ at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。