2005年08月19日

検索エンジン

勉強不足でしたが(いつもだろう、と誰かの声)ポータルサイト「NAVER」の存在を知りませんでした。Yahoo!Japan Excite infoseek biglobe google Livedoor…と口から出てくる中に、NAVERの名前などありませんでした。が、存在していたらしい(すみません、利用者の方。でも、ほんとに知りませんでした)。で、ワタシが存在を知った途端に終了するとのこと…。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050819-00000042-zdn_n-sci
ポータルサイト「NAVER」が閉鎖
 NHN Japanは、ポータルサイト「NAVER」を8月31日に閉鎖する。メインサービスだった「NAVERブログ」がソーシャルネットワーキングサイト(SNS)「CURURU」に移行し、役割を終えたと判断した。(ITmediaニュース) - 8月19日20時28分更新
どの検索サイトを利用するのか、は利用者の好みによるのでしょう。
ただ、好みだけではなく、実は「ヤフーしか知らないから」みたいな利用者も多いかもしれないなぁ。
どの検索エンジンを使おうが探し物が見つかるならそれでいいのです。
でも、いろいろなポータルサイトを使って自分の好みに合うものを、自分の利用に合うものを探すのも楽しいかもしれませんね。

さて、
ポータルサイト
検索サイト
検索エンジン
…いろいろな言い方がありますよねぇ。

posted by もあぱそ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

ものをいうのは資格、かしら

また、ひょんなことから話題は「資格」のことになりました。
彼 「ワードとエクセルのエキスパートをもっています」
ワタシ 「すごいですねぇ。スペシャリストは?」
彼 「ですから、一般レベルとエキスパートつまり上級レベルがあって…」
ワタシ 「だからスペシャリストは? あれ、今は一般でなくってスペシャリストって言うんだよね」
彼 「アッ、そうでした。ですからスペシャリストをとるくらいなら、上級のエキスパートをとればいいと思いまして。スペシャリストはとっていません」・・・

かなりの自信だなぁ、と思いました。
エキスパートですもの。
彼は、みるからに「オタク」です(ワタシとは相性が悪そうです)。
自信家です。
逆に問われてもワタシに答えられるものは何もないのです。
余計に彼は自信を持ったようです・・・(笑)。

自分に自信を持つ、というのはこういうことなんだなぁ…と思いました。
取得資格がものを言います。
取得することによって自信を得、それが将来につながると信じます。
性格ではなく、資格がすべて。彼は、そう言っているようです。
彼がめざすのはパソコンインストラクター。
たしかに、その仕事にはマイクロソフト オフィス スペシャリスト試験エキスパート合格は大きな意味を持つものでしょう。
でも、それだけかしら?
と、何ももたずにいるワタシは不安を覚えます(もてない人のヒガミ?)。
お金があれば受験できる。
勉強すれば受かる。
でも、インストラクターってそれだけかしら?(もてない人のヒガミ)。

彼のいうことばが気になりました。
「エキスパートをもっていますので、いまさら基本的なことなど勉強したくない。一般レベルなど勉強したら、自分のレベルが落ちそうで」(ウワッ、かっこいい)。
…そうかしら、ワタシは上級レベルをもっていても一般レベルに失敗する落とし穴はいっぱぁいあると思っています。
べつに彼がインストラクターを目指すことに異論などないけれど…。
現実は、どうかしら。人ごとですから、なんだか楽しみです。
念願のインストラクターになって、彼は悩むことなど何もない… 順調に進めるのでしょうか、と心配でもあります。

posted by もあぱそ at 19:04| Comment(4) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キーボードが損傷したなら

キートップがひとつ壊れた、とします。
たまたまひとつだけ。
壊れたキーは左のALTキー。
この場合…
見た目は確かに悪いですよね。
でも、ほかのキー操作に問題はありません。
だとすれば、使い勝手は悪いかもしれないけれど、右のALTキーを使うことにして修理は出さずにおく…。
なぜ?
@ 修理にお金がかかる。
A 経済には大余裕だけれど、操作に差しさわりがない。
B 一時的にでも、手元にパソコンがなくなると困る。
C インターネットだけにパソコンを利用する現状なら、ALTキーは使わないことにすれば使わなくてすむ。
D 最新OSではなくってWindows Me。買い替えの予定もあるし。

さて、もしワタシが上記のようなトラブルに見舞われたなら、そして5つの条件があるのなら、迷わず「そのまま使います」という結論を支持します。
ALTキーですしね。
あなたなら、どうします?
…たまたま、知り合いにそうおっしゃる方がいましたので考えてみたのです(笑)。
posted by もあぱそ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

静かな講習

メイン講師は淡々と講習を進行します。
受講生は、資料とスクリーンを見ながら講師の話を聞きながら作業を進めていきます。
立ち止まると、サブ講師が近づいて指導します。
笑いもなく、冗談もなく、…。
ある程度パソコンを使える人たち(?!)が集まっての講習会。
数人が初心者。

そんな講習会の風景を思い出しました(ワタシも、その講習会にいたのですが…!!)。
楽しくとか笑いをとかはまったくありません。
ただ淡々とこなすべき作業をこなしていく。
こういう講習会もあり、か。
ワタシは、そう思ったわけです。
レベルの問題なのでしょうか。
もしあの場で進行を初心者に合わせていたのなら苦情も出たのかもしれません。
あのときには、初心者の方が周囲に合わせていました。
「こういう講習会もあり?」。

ワード、エクセル、アクセス、パワーポイント、アウトルックエクスプレス、インターネットエクスプローラ、フォトドローとOffice製品を一通り時間内でこなすために、進行は講師側に合わせられていました。

なぜ、そんな過去の講習を思い出したのかというと… 以前の投稿「ドサまわりかしら、おのぼりさんかしら」にいただいたコメントに
上級レベルを求める人には、また違う教え方などがあると思いますが、一般レベルであるなら、使う楽しみと楽しい授業が一番だと思います。(略)
ma-kun。
というコメントをいただいていましたので、思い出したわけです。
人数の中の少数がどちらに(初級レベルが多いか、中級以上か)偏っているのかで、講師の方は進行を考えるのでしょうね…。
でも、それもタイヘンだなぁ。
講師の方って、準備がタイヘンだなぁ。
どちらでもスムーズにできる、ということはどちらでもできるシナリオが用意されているってことですものね。
と、また講師さんへの尊敬の念を強くしたのでした…。

アッ、時間です。今日はゆっくりめですが…。
良い一日をお過ごしくださぁい手(パー)

posted by もあぱそ at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

エクセル 「ひきすう」

エクセルの「引数」という言葉。
「ひきすう」と読みますよね。
数学の因数(いんすう)の読みと重なりますから、区別させるためにだと思うのですが…。
ときどき「引数」を「いんすう」と読む声を講習会で聞きます。
雑誌を見ていると「ひきすう」と読んでいるのを見ていて、講習会で「いんすう」と読まれると「あれあれぇ」とか思っちゃうのです。
知り合いの教員さんが「あれを いんすう と読まれると生徒が混乱しちゃうんですよねぇ」とこぼすのを聞いたこともあります(ごもっとも!!)。
で、「いんすう」と読んでほしいなぁと思ったものですから(すみませぇん)。
パソコンにひとこと でしたわーい(嬉しい顔)
posted by もあぱそ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

講師稼業

昨日、ワタシなりに「パソコン講師」さんのことを考えてみました。
コメントをいただいた中で、気になったサイトがありました。
http://pinksky.seesaa.net/category/503637.html
二階のネコ
生活の中で思いついたことを取りとめもなく綴ります。
カテゴリー「仕事」
posted by 咲村みん
「そうなんだぁ、講師をやる人っていろいろ考えているんだなぁ」
「準備もたいへんだなぁ」
「この環境じゃ、受ける側もタイヘン」
・・・
とか。
もちろん、コメントをいただいた方々のサイトには、それぞれの思いがあるのでゼ〜ンブ気になったのだけれども、「みん」さん(ウワッ、馴れ馴れしくってゴメンナサイ)の文章にはなんだか人ごとではない「真剣さ」を、「身近さ」を感じてしまったのでした。
真剣に「パソコン講師」のことを考えていらっしゃるようだし、考え方がワタシの理想に近い「先生」のような気がして…。
未熟な講師の私に対して、
「実に心のこもった講師の指導姿勢に深謝」と
講習後のアンケートに記入して下さった方がいた。
私の方こそ、感謝したい気持ちだった。
こんな回答をもらえたら、講師さんもうれしいだろうなぁ…。他人ごとだけれども、感動しちゃいます。
たぶん、そんな反応が講師さんたちを励ましているのだろうなぁ。

もうひとつ。
ほとんどの講師は、生徒さんにローマ字入力を勧めている。
その裏には、自分自身かな入力が出来ないからという訳もあるようだ。
私は、教える時には「どちらでもいい」と言っている。
ローマ字に全く馴染めない方に、ローマ字入力を勧めるのは酷だ。
ワタシも「かな入力」。いえ、別にローマ字入力でもいいけれど…。
講習会に参加して、ワタシ以上に日本語に慣れてきた方々(つまり、ご年配の方)が、一生懸命ローマ字綴りを考え「入力表」から目を離さずにキーボードを探しながら打っている様子をみると「そこまで苦労して、今からローマ字勉強しなくっても…」とか思ったりするのです(進みも悪いしね…笑)。
ワタシは「みん」さんのファンになっちゃいましたぁわーい(嬉しい顔)(ご迷惑かしら… ごめんなさい)。

今日も暑そうですねぇ、
エアコンのきいた講習会、また出てみたいなぁ・・・。
posted by もあぱそ at 06:50| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

ドサまわりかしら、おのぼりさんかしら

昨日は、ハンドル握って200キロメートル。
たいしたことないかな、釣りにでも行けば600キロは超えるのだし…。
来週(ウッ、正確には今週といいます)、チトよく知らない場所へのドサまわり(これは正しい表現かしら? おのぼり と言ったほうが良い??)が続くものですから、場所確認のドライブ。
でも、つかれましたぁ。準備は万端なのですが、ココロは(なんてワタシはマジメなのでしょう)という感じです。だから、「ポケベル離すな」は絶対守れます。…話をぶり返してどうするのかしら。

で、
こうしてブログを続けていましてイロイロな方のブログを見ていると、「うっわ〜、世の中ってすごい人がいるものだぁ」とか「そっかぁ、パソコンはこう使うかぁ」とか「あぁ、文章作成ってムズカシイ」とか…勉強になりますよねぇ。
パソコンを人並みに使える、というレベルはどのあたりを言うのか余計にわからなくなってきました。
というか、「パソコンの先生」と呼ばれる人たちは、これだけの人たちを相手にするのだから「相当のツワモノなんだろうなぁ」と尊敬の念を抱くのでありました。
たぶん、お勉強好きの人でないともたないですね。
お勉強をしてその日に臨み、お勉強してその日を終え…、きっと「もういい」ということはないのだろうなぁ、と大変さを想像しちゃったりしたわけです。
おまけに、アプリは日々望まないのに成長しちゃうし…。
きちんと指導されていれば当然指導したレベルまで受けている人は到達するから、その上にいなければならない先生は余計に上を目指さないとならないでしょう。
まじめに考えたら、アプリ何種類あるかわかんないけれど、ゼーンブ担当できる人がいたらすごいよねぇ(世の中ですから、きっといる!)。
でも!!
全部できる人よりは、「このアプリはまかせたまえ」という先生に出会いたいなぁ。
たぶん、そんな先生のほうが教え方お上手だろうな・・・。

…ゲンカイにきているのに無理して書いているから、書こうとしている方向がずれてきています。
ダカラ!!
みなさん、休みましょう。
よい一日をお過ごしくださいませ。

posted by もあぱそ at 03:56| Comment(19) | TrackBack(2) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

トランク提げて

本日は「TRUNC関数」…。
金種計算…。
最近エクセル様との出会いが多くって…。
トランク関数、今まで使う機会がございませんでした(またまたお恥ずかしい限りでちっ(怒った顔))。
これもボランティア的なお仕事ではございますが、500万のキティちゃんペンダントの夢を叶えるべく(?)、コツコツとコツコツと。
(そんなことでは、いつまでも到達できないぞぉ!!と、だれかの声)はい、そのとおりでございます。
でもコツコツと、コツコツと。
トランク提げてがんばりましょう。
みなさんも、コツコツと(エッ、ガンガンですか。負けました)わーい(嬉しい顔)
posted by もあぱそ at 17:52| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

エクセル 「書式の縮小」

う〜ん、と考えてしまいました。
「セルの書式を縮小し…」と指示されて、初めての日本語(?!)にトンと理解が進みませんでした。

要は「フォントサイズを縮小」すればよいのですが、ワタシ(恥ずかしいのですが)この用語に戸惑ったのであります。
書式を縮小?! MOSの試験でもこんな用語は使われたことがないような気がします。
どうでしょう、知らないのはワタシだけで、みんなご存知の表現なのでしょうか?
業界としては当たり前の表現ですか?
書式の縮小といわれて、例えば「拡大されているものを縮小する」ならわかるけれども拡大されてもいない(フォントサイズか大きいから縮小という言葉に行き当たるのですね、きっと)、均等割付されているものを戻すのならわかるけれども均等割付されていない…。
やれやれ、パソコン用語は日本語に限りなく近いけれども限りなく実は遠い…と思わせられました。
結局、セル内で1行に表示されない文字数を1行に表示させるためにフォントサイズを縮小させて「あたり」なのでしたが…。

もっとわかりやすい言葉にならないかしら…ダッシュ(走り出すさま)
posted by もあぱそ at 17:22| Comment(3) | TrackBack(1) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

プリンタは必要でしょうか…

こたえ…「必要です」(わーい(嬉しい顔) 何を言ってんだか)。
ワタシにも当然プリンタがあります。
いえ、正確には「ありました」ですが…。
あったのがなくなった、ではなくって、あるけれども用をなさないのです。
つまりインク切れちっ(怒った顔)
インクを買えばいいのですが、ここしばらくブラックで印刷していました。それで十分用が足りていましたから。ところが、黒もなくなりましたもうやだ〜(悲しい顔)
なので、プリンタがないに等しいのです。

で、「プリンタは必要か」と。
必要ですよねぅ、ないとチラシも印刷できません。
保護した子猫の「里親探しています」チラシ、結局知り合いに印刷を頼みました。
結局、つまるところ、とどのつまり、「プリンタは必要です」。

…インクがなくなったら安くてもいいからグレードの高いものを、と考えてインクを買わずにきたのですが、「いいじゃないか、印刷できれば」という結論に至っていますわーい(嬉しい顔)
♪いいじゃないの、幸せならば♪…。
印刷できれば、プリンタはそれでよい。
画像取り込みできれば、スキャナはそれでよい。
撮影できれば、デジカメはそれでよい。
適度な容量、適度なメモリ、必要なOSと必要なアプリさえあれば、パソコンはそれでよい…。
♪お酒はぬるめの燗がいい♪(今日のスタートは、支離滅裂状態)。

で、結論。
インクを買おう。
今日は遠出するけれど、明日には買おう。
posted by もあぱそ at 01:07| Comment(4) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

ひとりごとなんですが…

ワタシは幸せにも五体満足に生まれてきました。
だから、キーボードを操作するにも何の不便もありません。
でも、世の中にはそうじゃない人もいるわけでして…。
そうした方々のために、キーボードもマウスも補助具も開発されているわけです。
ただ、…
講習会で、そうした方々に配慮している会場がどれだけあるのでしょうか。
主催者側で、そうした配慮をして開講するところってどれだけあるのでしょうか。

ある講習会では、「クリック・ダブルクリック・ドラッグの操作はすべてマウスの左ボタンです」と言い切って説明を終えちゃう。マッ、ほとんどこれで問題がないけれども。上記のお話まで行かなくとも、世の中ほとんどこんな感じだったりするのです(ワタシの目に映るのは)。
この場面で、「左利きの方、いらっしゃいますかぁ」と気の利いた声をかける講師さん、少ないのですよね〜実際に。
こんな調子ですから、もしかすると講師さんも会場さんも、もともと配慮せずに開講して、開講してから慌てることが多いのじゃないかしらと思ったわけです。
でも、左利きの人も補助具を使う人も、世の中のそんな状態を見越して参加してきますから、講座運営も実はすんなりできてしまうことが多いんですよね。

右利きが主体、健常者が主体… 参加者の方が気を遣っていますもの。

でも、
少なくとも左利きの存在に気を遣える講師の人がイイナ、ワタシは。
「インストラクター」よりも「アドバイザー」的な講師のほうがいいな、ワタシ。
posted by もあぱそ at 06:27| Comment(4) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

フォント表示崩れ

ときどきWebページの表示がおかしくなるなぁ…と思ったりしていました。
いえいえ、特に問題があるわけでもなく、全部のページがおかしいのでなくって、おかしいと時に感じるのは「このブログ」だけなんです。
サブタイトルがゴシック調になったり明朝になったり、「このページ」だけなんですけれど。
(フォントキャッシュ破損は修正できます。ウィルス対策もしています)
ためしに、スパイウェアをオンラインでスキャンしてみました。
見つかったものはトラッキングクッキー5個。問題ないでしょう。
気のせいかしらねぇ、サブタイトルのフォント表示がときどき崩れるのは…。

いずれどうやら…「気にしないで良さそう」とワタシの結論。
今日も、テキトーにお過ごしくださいませ。
posted by もあぱそ at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

自分へ オツカレサマ

ふうっ〜、つかれましたぁ…。
昨日から夕方まで丸々2日、きちんと整えて納品完了しました…(何をって? お気になさらないで)。
寝たんだか寝ていないんだか… というか、ほとんど寝ていないの。
でも、とっても充実。
愛犬との散歩も、疲れたカラダに気持ちよい時間となりました。
ふぅ〜、これから少し過ぎたらいただき物の発泡酒、おいしくいただけるでしょう。楽しみ、たのしみ。

で、今日は時間をすごしたらゆっくり眠りましょう。そう思っていまぁす。
みなさんは、いかがお過ごしでしたかしら。
ワタシのお仲間は、どうかしら…。
世の中ではボーナスの季節ですものね、ワタシはなんて安っぽい幸せに浸っているのでしょう…。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050630-00000058-mai-pol
…略
最高裁長官とともに最高額の567万9740円が支給された首相は、…(略)

これですもんねぇ、「がんばればがんばるほど」ボーナスが高くなるのが理想だけれども、実は「がんばってもがんばってもボーナスなんてないわ」という人たちも多いんですよ、首相さん。有効に使いたい気持ちは抱えていても、実は使えるものがない…という民間人も多いのですから、(たしかに小泉さん、がんばっていらっしゃるのでしょうが。そして、実力で這い上がってきたのでしょうが)少しは、そんな末端のニンゲンに配慮したお言葉がほしかったなぁ(ブツブツ、と)。

それではみなさん、よい夜をお過ごしくださいませ。
posted by もあぱそ at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

修理見積り

2005年06月14日付「修理見積」でご紹介したパソコンは、メーカー見積で半額以下の金額となりました。マザーボード交換・キーボード交換は不要(不具合検証されず)とのことで…。
現象(入力不具合)確認できず、ということで。
入力が不安定、ということだったのかしら、購入店見積りでは?!
いずれ、金額に大きな差が出たことは確かなわけです。
交換部品が少ないからなのですが。
現実、ワタシが見たときには入力の不具合は感じられなかったので、メーカー修理続行といたしました。

とりあえず、経過報告(なんとなく結果を書かないと気がすまなかったのでした)しておきますわーい(嬉しい顔)
posted by もあぱそ at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

スペシャリストでいられたら…

今では「それなりにパソコンができる」人が多くなっている…とワタシは思います。
たとえば「ワードができる」「エクセルができる」…よく使われるアプリケーションの操作は、ある程度のレベルまでできる人が多くなっています、と。
若い方々には、学生のころから(学生といわず、児童のころから)、パソコンに向かって授業を受けてきた年代のかたもいらっしゃるわけですから。
もしかすると、「ホームページ・ビルダーだけは使えます」というような専門的に1つのアプリだけにこだわってきた、あれならカンペキだ、と言える人のほうが強いのかしら…。

仕事もそうかしら、と今日お話をしていて感じさせられました。
編集も営業も企画も製造現場も…ソツなくこなしてきた経験よりも、たとえば「建築一筋」という経験しかない、だけれども建築はまかせて、と1つの職に強気の自信を持てるヒトが「強い」のかしら。
それは確かにそうかもしれません、きっとそうです。
だけれども、ある時期ゼネラリストとか称されて、どんな職務を任せてもおよそ期待以上のことをやれる人材がもてはやされ、企業側でもゼネラリストを育成しようと躍起になったものです。スペシャリストよりゼネラリストたれ、と。
ですから、企業人は、企業人経験者は、そうした教育を受けて今に至っている人が多いはずで。
その道のスペシャリスト、と呼ばれるヒトはある意味では幸せに企業人として生きてこれた一部のヒトだけではないかと思ったりもしたわけです(ウッワ〜、今日は何か重たい記事になってしまいました。論文を書いているみたいがく〜(落胆した顔))。

…何を言いたい、ということではなくって、なんだか書き始めたらこんな内容になってしまいました。
何を書きたかったのかしら、ワタシ?!
とにかく、今日もみなさんオツカレサマ。
これからお仕事のかた、今日もガンバ!!
posted by もあぱそ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早朝のお仕事

今までコソコソと、ほとんどボランティア的なお仕事をしていました。
隣では相棒が疲れて眠っているのですが、ほんとうに眠れているのか心配です。
静かに明かりも邪魔にならない程度に気を遣い、それでもカチャカチャとキーボードを叩く音とか、ときどき発してしまうため息とか… 申し訳ないなぁ。眠れないだろうなぁ。
でも、この場所でしかできないし…。

宝くじでもド〜ンと当たらないかしら?!
そしたら、すべてが解決します。

…文章を打っていて、原稿の「解放」を「開放」に直したり、ことば足らずの文章を調べて正確に加筆したり… 久しぶりの校正作業も入って、「なんだか仕事をした〜」という満足感はあります。
でも、心配なのは相棒のこと。
ごめんなさいちっ(怒った顔)
posted by もあぱそ at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

修理見積

う〜ん… 先日のパソコン、購入店修理見積で¥90,300だったそうです。
Web上の最安価格が¥99000のものですからねぇ。
メーカー見積も、同じ症状だとして¥70,000。
かなりの差はあるんですけれども、痛いですよねぇ…。
どうしましょう。
修理させますか、購入を選びますか。
本人としては、そのマシンがお気に入り…。
だとしたら、「メーカーサポートで直し」ですよねぇ。

しかし、ハードデスク交換だけでなくって、マザーボード、ワイヤレスキーボードまで交換して、技術料含み、なのだそうです。
そこまで必要なのかしら、あのマシン。
そう見積もられたのだから、そうなのだろうけれども…。

ときどきあるんですよねぇ。
例えば、プリンタを覚悟して修理に出したら… よ〜く見たら細部にガラス装飾品が入っていて、それが原因でメンテナンスを繰り返しても印刷できなかった…なんて笑えるお話が。
見つけて取ったら直っちゃった(チャンチャン)みたいなことがね。

それほど単純とは思わないけど、全部交換なんて可愛そうに…。
ただいま、対策検討中で〜す。
posted by もあぱそ at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

続き

報告します。
結局、再度領域設定後リカバリーしても、再起動でWindowsが起動せず、結論として機械的なものと判断せざるを得ません。
う〜ん、悔しいけれどもメーカーに任すしかないみたいです。
機械的なことは手を出せません。
…それでも、ヒントがあればお待ちしていま〜すちっ(怒った顔)
posted by もあぱそ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

う〜む

う〜む…です。
リカバリーは正常に進んでも、起動しません。
ハードデスクにエラーが発見されます。
chkdskも、途中で止まります。
ヤレヤレですよねぇ。
どうやら、復元ソフトも導入していないということですから、機械的な問題なのでしょうね。
どうしたのでしょう。
古いFDを読み込む途中でハングアップして、強制終了をかけてからの症状らしいけれど。
どなたか、いい方法ご存知ですか。
ヒントをくれたらうれしいなわーい(嬉しい顔)
posted by もあぱそ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起動しない…?!

さて、起動しないそうです。
みましたところ、どうやらOSが認識されていない模様。
メーカーサポートも、それを認めます。
「提案は、リカバリーです」ですって。

ときどき、こうした症状にお目にかかります。
何をしちゃうんでしょうねぇ。
たぶん何をしたっていう自覚はないのでしょう。
何かをしていて、ちょっとブラックホールに陥りそうになったときの操作が原因なのでしょうから。
さて、「ディスクエラー」のPC、じっと見つめて考えています。
ほんとはリカバリーなどさせたくないのです…ふらふら
posted by もあぱそ at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする