2008年04月03日

逆上、という言葉

ワタシ、犬を飼っています。アッ^_^; ご存知でしたか(^^)
いつでしたか、家族が朝の散歩に連れ出している最中に「ドッ〜ン」と派手な音が家の中で聞こえまして(-_-;) なんだろうと外に出たところ、散歩に連れ出していた家族が道路にたたずんでいました… 愛犬が轢かれたのです。
轢いた乗用車は立ち去り、目の前で轢かれるのを見た家族は呆然と立ち、駆けつけたワタシタチも言葉を失うばかり。家に戻って持ってきた毛布に愛犬をくるんで、とにかく動物病院へ車を走らせました。即死だったと宣告されました… その日、みんなで愛犬を火葬場に連れて行きました。
道路に残された車の破片を集め、警察に電話しました。なんとかしてほしい、と。器物損壊にしかあたらない、希望に添えるよう努力するが捜すのも難しいだろう…との答えに、冷静になってあきらめました。
その後しばらく、立ち去ったドライバーの通勤路と思われるその場に花を置きました。「反省してほしい」「謝りに来てほしい」と願って。でも… 来ませんでしたね、ドライバーさん。花を置くのも止めました。

そんなことがありましたので、このニュース… 彼の気持ちが痛いほどにわかります。もしかすると、ワタシだっておんなじことをしていたかもしれません。
<傷害>飼い犬はねられ逆上 バス運転手暴行の男逮捕 埼玉
4月2日21時8分配信 毎日新聞
「犬をはねたのに謝ろうとしなかったから」と供述している。犬は散歩に連れ出したところ逃げたという。


そう。愛犬が逃げたのなら、散歩に連れ出した側にも問題があります。彼にも、それはわかっていたはずです。ただ謝ってほしかったのだとワタシは思う。謝ってさえくれたなら冷静になれたと思う。謝ってほしかっただけなのに、謝ってさえくれなかった。だから、彼は冷静になることができなかったんじゃないかしら。愛犬… 家族の一員ですもの。轢かれたことに逆上して暴行したのは、いけないことなんだけれど…。取り乱した気持ち、ワタシにはよくわかります。

大辞泉より 提供:JapanKnowledge
ぎゃく‐じょう【逆上】
[名]スル 激しい怒りや悲しみなどのために、頭に血が上ること。分別をなくし取り乱すこと。「―して刃物をふるう」


愛犬の突然の死に、ワタシタチ家族は暗い日々を送りました。で、寂しさに耐えられず、同じ犬種を飼うことにしたのでした。今の愛犬、アールです。
逆上… なんだか、この言葉… 「怒ってはいけない側が逆に切れる」みたいな意味合いを感じさせますけれど…。怒って当然なんだけれどもなぁ、謝らない相手には。
(そう思うのはペットを飼っている側の考えでしかないのかしら)

まっ… 暴行を働いてしまった彼に同情してしまったワタシでした。






posted by もあぱそ at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。