2005年07月18日

一日草刈の巻

疲れました…
ワタシとしたことが、今日は肉体労働。
額に汗して、カラダに汗して、肉体労働。
とにかく疲れました。
たまには、と「農業」で汗を流しました。
草刈をしました…ちっ(怒った顔)

それほど暑くもなく、多少の風が心地よく、 替えた刈り払い機の刃も絶好調。
休憩もあまりとらず、「やる気になったときにやらなくては」とがんばりましたわーい(嬉しい顔)

しかし、農業を取り巻く環境は厳しい(オッ、いきなり難しい中身になりそう)。
作業の途中で梅の木を見た。
わが家のものである。
だれも家族は収穫していない。なのに、ないのです梅の実が。そばを流れる渓流に釣りに来る「あの人」、釣りをせずに梅を取っていきましたね。またです。毎年です。わが家のものなのに、勝手に取っていきます。御礼もなしに…。今度その人を写真に収めたら「ドロボー」(?!)というタイトルで掲載しましょうかねぇ(かなり、ワタシは怒っています。疲れのせいもあります)。
そして、農業は厳しい。かなり、厳しい。
刈り払い機の刃はまだしも、年に数度しか使わないトラクター、コンバイン、田植え機… どれもこれも価格も高いし維持費も高い。もしかして、壊れるように農機店では調整していてくれるのではないかと疑いたくなるほど(そんなことはないですよね、失礼しました、怒らないでください。疲れているのです)。
…郵政民営化などワタシにはどうでもいいのです。民営化するからといって、職員はそのまま残るのでしょう。公務員の感覚を残す職員が、そのまま残るわけですから。たとえば、現場で汗を流して危険と隣りあわせでがんばっていらっしゃる郵政外務員の皆さんだけは残して(あの方たちだけは、ワタシは味方します)、ほかの郵政職員はすべて民間感覚をもつ民間人を採用…とかいうのなら応援しますが、小泉さん。郵政民営化よりも、農業活性化にぜひ力を入れてほしいなぁ。
どうでしょう、農業をしたいと言う人が今多いらしいけれども、現実を知ってしり込みする人も多いのでしょう。
…私有地なのに、季節になれば維持管理している農地に勝手に入って山菜を取っていく。ワタシタチが取らないうちに… お礼もなしに勝手に(失礼、疲れているのです)。いや、みなさんの趣味をどうこう言うつもりはありません。でも、私有地なのですよ…。
農業を取り巻く環境は、実に厳しいのです。

・・・ああ、ちょっと長々と書きすぎいしまいました。
たまには、「農業」を考えてみましょう。ニッポンジンのお仲間のみなさんわーい(嬉しい顔)
posted by もあぱそ at 17:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 農業を考えよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ!はじめましてです。
うちのブログにトラックバックされたのかなぁ?よくトラックバックの仕組みを理解していないのですが。。。なぜか貴方のブログへたどり着きました!

農業、厳しいですね!
まぁ、私は楽しむ農業を探していますがね!!
お客様に喜んでもらえた時が一番楽しいです。人の苦労も知らず、美味しいとこ取りするドロボウさんは、許せませんね!山形のさくらんぼも毎年、、、気の毒だ・・・。取る前に自分で作ってみろ!!!って言いたいですね。
Posted by のぶ@奥能登民族 at 2005年07月18日 22:44
当園へのTBありがとうございました。
「農業を取り巻く環境は厳しい」確かにその通りだと思います。食べられるありがたさがこの日本から失われつつあります。だから今、農業体験が必要と思います。土のありがたさを感じるために・・・
Posted by hureai_nouen at 2005年07月18日 23:27
のぶ@奥能登民族さん、コメントありがとうございます。はい、たしかにTBを送りました(これも、勝手に…でした(~_~;) ごめんなさい)。「楽しむ農業」をぜひ実現してくださいね。
Posted by もあぱそ at 2005年07月19日 04:48
hureai nouenさん、コメントをありがとうございます。食べられるありがたさ、当たり前のありがたさ… それを「ありがたいと思える心」を大事にしたいと思います。
Posted by もあぱそ at 2005年07月19日 04:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5174876

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。