2005年05月29日

読書のできる環境…

そっか… とうなづきました。

どうしてしばらく読書できていないのだろう、と考えたときに。
以前は電車で通勤していました。
1時間30分は片道かかっていました。
仕事にも積極的な思いがありました。
やっただけの見返りもありました。
気持ちが落ち着いていたのでしょう。
通勤時間は、文庫本を読むのに集中していました。
だから、「岡嶋二人」も集中して読めたし、良さもわかりました。
いろいろな分野の本を読めたし、本を買う余裕もありました…。

さて、いまワタシに余裕ができるとしたら、清水義範さんの「やっとかめ探偵団」シリーズをじっくり読み直したいなぁと思いました。
「わーええとこだぎゃあ」などと名古屋弁を使いながら、老年探偵団が平和に事件を解決していきます。
「平和がいい」、「ゆとりがいい」、サザエさんを見ながら、そう思うワタシでしたわーい(嬉しい顔)
posted by もあぱそ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。