2013年02月08日

除雪車の音が聞こえた…

この時間に起きていると、外で除雪車が通り過ぎる音が聞こえます。
こんな時間に道路を維持管理し、積もった雪を片付けていく作業をしている人たちに感謝。
感謝するとともに、その後にワタシがしなければならない作業に気が遠くなってしまうのも事実。
つまり… 除雪車が通り過ぎたあとには、我が家の道路に面した出入り口が雪でふさがれてしまうのですから。

そう、ワタシが出かける前に除雪しなければならないわけです。
半端でない作業なのです。
特に、大雪の場合には。

昨日から、重そうな雪が降っていました。
大雪になるという天気予報も言われていました。
まだ外を見ていませんから、どんな状況なのかはわかりません。
わかりませんが、先ほど通り過ぎる音を残していった除雪車を思いやると、その状況は推して知るべし…。

朝早くから出入り口を除雪すると、1日の体力を使い果たしてしまったような疲労感に襲われるのです。
おそらく、出先へ行っても除雪作業が待っていることでしょう。
朝から2箇所も汗をかいて除雪すると、この老体にはきついわけです(笑)。

憂鬱です。
カーテンを開けて外を見るのが、少しばかりではなく怖いのです(笑)。
でも、そろそろ行動を開始しなければならないのです。
外は、少しずつ明るくなってきている時間ですので。
その薄明かりの中、ひとり除雪作業に汗をかくワタシ・・・。

疲れちゃうだろうなぁ。
いやだなぁ。
でも、だれも起きてこないのだから、ワタシがやらなきゃならないんだよねぇ・・・。

ふぅ・・・(ーー;)
posted by もあぱそ at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/319598659
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック