2011年12月12日

ガチャン ガツッ

しばらくぶりにムッとしてしまいました。

だから、とりあえず書いておきます。この「ムッ」を忘れないために(笑 いえ、笑えない)。

会合に早めにいって、駐車場で待っていました。
車が入ってきました。

ずいぶん乱暴な運転だなぁ、駐車場だもの、静かに走ればいいものを… なんて見ていました。
運転者の顔が見えました。彼女です、あの会合でも「自分が中心」みたいな態度の人。

ビュ〜ンって感じで隣の駐車スペースに近づいて、そのまま前向き駐車でギッとかいう感じで停車。
あらあら、少し静かに停まればいいでしょうに、ゆっくりバックで入って出やすいようにしておけばいいのに…とか思って、サイドミラーで見ていました。
軽自動車です、女性とは思えないほどに汚れていまして。
あらあら、どうでもいいって感じねぇ…とか思っていたら。
いきなり乱暴にドアが開いて、ワタシの車のボディにそのドアがガツン。

ヘッ… とても信じられない光景がサイドミラーに映り、予想もしない音と小さな揺れがワタシを襲い。

サイドミラーを見ていると、彼女は普通にドアを閉めようとしているし。
ドアを開けて降りました。
尋ねました、傷を付けたの?

それに対する答えが、また、ムッとさせるじゃないですか。

いえ、傷はついてませんから。コツンといっただけですから。
なに、その言い方。最初に謝るべきじゃないの、オバチャン。
傷ついてるついてないは、ワタシが見ることでしょ。ワタシが見て言うことでしょ。

いえいえ、言葉にはしませんよ。言葉にはしませんけれども、ワタシとしてはそんな気持ち。
乱暴にも程がある、駐車場への入り方、スペースへの停め方、車のメンテナンス、そしてドアの開け方、ついでに口の利き方!!

無言でボディを確認し、閉めようとした彼女のドアを静かにあけてボディに近づけて、その近辺を注意深く見る。

そうしたら彼女、何を考えてんだか「フフッ」とか笑ってみせて、いまごろになって「スミマセン」。
その言葉はいいけれど、全然誠意など感じさせない言い方で。
誠意が感じられないんだよ〜、なんてどっかのクレーマーみたいなこと言ってみたくなりました。

もう、ホ〜ントあったまきたんですけど。ちょっと見、傷が見つからないし。
しょうがないから、無表情に「気をつけなさい」とだけ言ってやりました。

彼女が、会合に向かった後に、帰りに同じことされたんじゃたまらないので、駐車スペースを変えました。
ついでに、彼女の車とナンバープレートを撮影して。

会場に入ると、彼女はワタシに何か声をかけるでもなく。

知ったかぶりして、「ファンヒーター、熱風が出てくるまで時間がかかりますから」なんて、他の人に言っている。
寒いの、このお部屋。
よく見ると、運転ランプが早いスピードで点滅してんの。
これ、スイッチ入れなおすべきでしょ、とか思ったけど、彼女が知ったかぶりしてるので何も言わず。

ワタシは、寒いの。きっと、他の人たちだって寒いはず。
でも、ムッとしているから30分たっても変わらぬ状態のファンヒータを見ながら、知ったかぶりの彼女に免じて、知らん振り。

さすがに、彼女も寒かったか、ファンヒーターを見に来ました。
点滅しているから点火するよねぇ、とか言いながら離れようとしたから、言ってあげました。

一度スイッチ入れなおしたほうがいいですよ。

彼女が入れ直したら、90秒後に普通に点火しましたとさ・・・。

だ・か・ら… 何考えてるの? 何知ってるの? 
文句も言いたいけれど、彼女には彼女の生き方があるのでしょうし。
面と向かって言うと、彼女を傷つけそうでしたので。

それでも… ムッとしましたぁ(というお話でした チャンチャン)(笑えない…)。
posted by もあぱそ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/239969756
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック