2010年05月14日

おもしろいなぁ

おもしろいなぁ…という言い方は相応しくないのかもしれませんけれど、いいなぁコレ↓。
世界初!愛知県豊田市で誕生したコメ兌換通貨の凄味〜「腐るおカネ化」で流通の加速を目指す
ダイヤモンド・オンライン5月14日(金) 8時30分配信 / 経済 - 経済総合
通貨単位は“むすび”といい、1むすびは無農薬・有機栽培・天日乾燥の玄米0.5合(おにぎり1個分)と交換できる。この通貨を幅広く流通させることで、荒廃した農山村の振興を図ろうというのが目的だ。

 さらに、コメとの交換以外でも、飲食店や雑貨屋など20店舗以上ある協力店舗で代金を支払う際にも利用できる。通常の通貨との交換レートが決まっていないため、販売者と消費者が商品やサービスの価値がいかほどなのか互いに決める形だ。

「価格の裏に隠れた本当のコストを、消費者が意識するきっかけになれば」と、吉田氏は話す。

 だが、それだけではない。じつはこのおむすび通貨、これまでの通貨の概念自体を覆すことにもチャレンジしている。それは通貨の“腐るおカネ化” だ。普通のおカネならば、時間が経てば金利分だけ価値が増えるところを、逆に減価させようというのだ。


ずいぶん前に、ネット上の冗談サイトで「1ハナゲ」(痛みの感じ方の単位でした)という単位が登場してワタシずいぶん楽しんだものでした(笑)。

今回は、実在の通貨単位。その名も「1おむすび」。
ふ〜ん。現在価値100円くらいでしょうかしら(んっ? 145円くらいかもしんない)。そして、時間の経過とともに価値が下がっていく。価値が下がらないうちに遣わなきゃ(笑)。
 これは「普通のおカネは利息の支払いと金利の受け取りが起こり、貧しい人から富める人のところにおカネが流れて滞留し、富の偏在を招く」(吉田氏)ことに対する挑戦でもある。

うん、「富の偏在」は決して招いてはいけません。いえ、招くことになどなってほしくない、それが当然と思い続けたくはありません(祈 ワタシは強く祈ります… ふぅ (^^ゞ )。
posted by もあぱそ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。