2010年02月13日

感謝の気持ち

間に合ってよかったなぁ、合格してよかったなぁ。

試験会場までヒッチハイク300キロ! 列車運休も根性で合格 埼玉の女子中学生
産経ニュース 2010.2.10 22:12
 新潟県内で乗せてくれたトラック運転手の男性は「うちも同い年の受験生の娘がいるから」と高校正門前まで送り届けてくれたという。入試の作文は偶然にも「私が感動したこと」。生徒は運転手に助けられたことや母への感謝の気持ちをつづった。結果は合格だった。


大雪で乗車予定の夜行列車運休。母と子は、吹雪のなかガソリンスタンドなどで声をかけて、長岡市から輪島市まで300キロ余りをヒッチハイクして移動、試験開始10分前に会場に到着したのだそうで。

女子中学生もがんばったのだろうけれど、彼女と試験会場まで必死になって同行したお母さんのがんばりもすごいなぁ。ヒッチハイクで声をかけながらの移動が300キロメートルですもの。
きっと、娘を受験させようと必死だったんでしょうねぇ。自分がきちんと案内しないと…と、声をかけるのも必死に一生懸命に、事情を説明しながら。
それに答えてくれたドライバーさんたちもステキ。それぞれ、時間に追われていたのでしょうに。

そして、与えられた入試作文課題が「私が感動したこと」。
どんな展開の作文だったのだろう。ワタシ、彼女の「感謝の気持ち」がつづられた文章を読んでみたいな。
posted by もあぱそ at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっといいお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140980983
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック