2010年01月29日

いい人生だったのだと…

「もらえると分かり、明日死んでも幸せ」と喜んでいた女性、念願の大学卒業証書を受領した翌日に息を引き取ったのだそうです。

100歳になってもなお学士認定を望む向上心というのかしら、素晴らしいと思います。もしかすると、それが残る1つの夢だったのかしら。受け取った翌日に旅立つなんて…。

娘は「母の人生は素晴らしかった」と話している。

そうですよね。お亡くなりになったけれども、教職を全うしたのでしょうし、最後に念願の学士も取得されて。

きっと、いい人生だったと御本人も満足されているのでしょう。いえ、きっとそうであってほしいと思うのです。

2010年1月29日 17時05分 共同通信
米で百歳の元女性教師に学士号 念願かなうも翌日死去
posted by もあぱそ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育に望むこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。