2009年10月30日

サザエさんチのテレビ

今もなお「ジデジ」と発音する人もいます。それを敢えて否定したりもしませんし。チデジカさんも御活躍のようですが、「ジデジ」発音者が消えない現状を見ると、チデジカさんもまだまだ浸透していないんだなぁと思う今日このごろ(笑)。
我が家にいたっては、“いまだに”ブラウン管テレビです。おそらく、アナログ放送終了直前までこのままだろうと予想されます。とくに不足を感じないので…。
“いまだに”ブラウン管テレビですけれど、何かexclamation&question(笑)

いまだに「ブラウン管」テレビ 磯野家の「地デジ化」はいつ?
週刊文春10月29日(木) 13時 2分配信 / 国内 - 社会

 このままでは二年後、磯野家はテレビが見られなくなってしまう? 「東京サザエさん学会」代表の岩松研吉郎さんはこう推察する。

「原作での白黒テレビや電話の導入は、国民の世帯普及率が五〇%を超えてしばらく経った後にされています。今年五月の地デジ受信機の保有状況は六〇・七%ですから、磯野家もそろそろ地デジ化を考えている頃でしょう。ただ、アニメ版では時代設定を七〇年代前半で止めていますし、いきなり薄型大画面テレビが茶の間に来ると世界観を壊す恐れがありますからね。私としては地デジ化は“何事もなかったように無視する”と思いますよ」

ふむふむ… ワタシも、何事もなかったように無視したいところです。ただねぇ、無視を続けるとテレビがみられなくなります。それはそれで困ります。ですから、直前にはどうにかしたいと思います。

 AV評論家の麻倉怜士さんからはこんな名案が。

「いや、今の磯野家のテレビでもチューナーを付ければ地デジ放送の受信は可能です。でもどうせなら買い換えてほしいですね。磯野家のような大家族には50型以上がいいですね。どうせなら画面の端まできれいにみえるプラズマテレビかIPS方式の液晶にしたい。“サザエさん”のスポンサーは東芝ですから、REGZAの55型“ZH8000”をおすすめします」

おっ、出ましたね、麻倉さん。東芝のレグザ… あっ、そういえばサザエさんのスポンサーは東芝でしたね。…んん〜、でも愛するサザエさんチの茶の間に55型の液晶テレビなんて似合わないような気がするなぁ。もしかして、液晶テレビ購入の前に、「波平、新築を決断す」が入れられるかもしれない。ん〜、でも磯野さんチが新築されて、55インチの液晶テレビが似合うリビングに集う家族の図も想像しがたいなぁ。

 地上アナログ放送最後の日となる二〇一一年七月二十四日は奇しくも日曜日。もしかしてその日、「波平、地デジを決断す」が放送される?

「波平、新築を決断す」から「波平、地デジを決断す」という流れがスンナリ受け入れられる流れなんだけれど… でも磯野家に「広々リビング」も「55インチ液晶」も似合わないような気がするワタシ。
やっぱり、“何事もなかったように無視する”ような流れがスンナリくるなぁ。

実際のところ、どうなんでしょ?波平さん。いまのお考えを教えてください(笑)。
posted by もあぱそ at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑っていいかしら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。