2009年09月05日

なおさらに、「日本語ってむずかしい」

たしかに字面を見ると「天を突き破るほどに荒々しい」という言葉なんですが…。

「破天荒」は豪快で大胆?=40代以下、7割超が誤解−文化庁・国語世論調査
9月4日17時17分配信 時事通信
 誰も成し得なかったことをするという意味の故事成語「破天荒」を、40代以下の人の7割超が「豪快で大胆な様子」だと誤解していることが4日、文化庁が発表した2008年度の国語世論調査で分かった。「手をこまねく」などの言葉でも使い方を間違えている人が多かった。


 破天荒の意味を正しく選んだ人は16.9%だった。一方、「豪快で大胆」との回答が64.2%に達し、年代別では16〜19歳が75.0%、20代から40代が73.4〜77.2%だった。


ワタシのような年齢からすれば「16〜19歳」って「現役世代」だと思うのね。この年代の方々に言葉を正しく理解されていないというのは、すごく残念に思う。破天荒って言葉はよく遣われるものだし、試験に出てもおかしくないものと思う。その言葉が認知されていない(認知されていても誤解されている)のは、なんだかすごくさびしいなぁと…。
最近はクイズ番組も多いから、この種の知識も扱われているはず。クイズ番組をみていて、大人が子どもに教わるってこと多いと思うんだよね(違うかもしれないけれど、少なくとも我が家ではそうです。大いなる誤解、単純な誤解が時にあらわになってしまうわけで… ^^;)。

まっ、だから「(外国語もわからないけれど)日本語ってむずかしい…」って、ワタシは頻繁に感じることになるわけですが(笑)。
posted by もあぱそ at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育に望むこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。