2009年08月30日

異物・・・

散歩中に食べものが道端にあったとしても、ワタシはそれを愛犬に食べさせたりはしないと思うのですが…。そうは思っても、愛犬のほうが先に見つけて口をつけてしまったら、止めようがないでしょう。
毒物入りのパンを道路に置くというのは、何が狙いなのかしら。散歩する犬を…と思わせられます。

<毒物入り?パン>散歩中の犬が食べ死ぬ 熊本
8月29日19時54分配信 毎日新聞
 調べでは、男性は27日午後4時ごろ、自宅近くの白川堤防沿いの道路をゴールデンレトリバー(オス9歳)を連れて散歩していた。犬は路上に置いてあったパンを食べ、家に戻ってから嘔吐(おうと)などの症状が出て約2時間半後に死んだ。犬は元気だったため、突然の死を不審に思ったという。


この異物が毒物なら、恐ろしいこと。
愛犬が他者により死んで「器物損壊罪」でしか訴えられない(らしい)のも悲しいことです。

何を目的に置かれていたのか定かではありませんが…。
posted by もあぱそ at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126792405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック