2009年07月17日

神様のいるスペシャルな都市、奈良

いいお話ですねぇ。

表彰状:外国人観光客の女児救出 奈良市臨時職員・勝間さんに /奈良
7月16日18時1分配信 毎日新聞
 市によると、勝間さんは4月6日の昼休み、市役所東側の横断歩道で、反対側の歩道から、走行中の大型トラックの手前に飛び出した3歳ぐらいの女児を発見。とっさに駆け寄って抱きかかえ、植え込みを飛び越えて歩道へ避難させた。家族から「お礼がしたい」と名前を聞かれたが、勝間さんは名乗らず立ち去った。


藤原市長の語り。
「公務員は厳しい目で見られる時代。模範になりうれしく思う」と3人に話した。


職員より公務員らしい臨時職員という感じ。職員の模範になれる臨時職員…。
もちろん、その場に職員さんが居合わせたなら、この臨時職員さんと同様の行動をとったに違いないと思う。だけれども、やっぱり、臨時職員さんはステキ。引用した記事文からは、本当にスーパーマンのような様子がうかがえますもの。

いいお話だなぁ…。
posted by もあぱそ at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっといいお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。