2009年07月12日

表現

便所飯… ですかぁ。
う〜ん、わからないでもないです。その気になる精神、理解できそう。
紹介された張り紙も… いいですねぇ。ホンワカしていて、ワタシ好き(笑)。
今回の報道について、記事中では「ネットの悪ふざけを真に受けてしまったのでは」と推測する学生さんがいらっしゃるのですが。

朝日新聞が釣られた?1面トップで「便所飯」報道! (夕刊フジ)
[ 2009年7月10日17時00分 ]
 記事によると、「便所飯」とはトイレの個室で食事する行為で≪学食などで一人で食べている姿を見られるのが嫌で「便所飯」に走る≫と説明。その“証拠”として東大や名城大など各地の大学に張り出された「便所飯禁止」の張り紙の存在をあげている。


寂しい学生生活を表す言葉として広まったネットの隠語が「便所飯」という言葉らしいのですが…。
真偽はともかく、便所飯という言葉になんとなく惹かれるワタシ。
「学食などで一人で食べている姿を見られるのが嫌」という心理、わからないでもないんですよ。いえ、だからといってワタシもしたいということではないのだけれど(シタイトハオモワナイヨネェ、イクラコドクヲカンジルトシテモ)。気持ちは理解できるな、ってことで。

笑える表現、だけれどももし実在するものなら、あまりにもさびしい食事です。そこまでしなきゃならない精神状態があるとするなら、食べずに過ごすほうが…と思わないわけでもない。でも、食事は摂らなきゃならないしね。

なんか、笑いたいけど笑えないな、これ…。
張り紙のかわいさが、余計に胸に沁みるなぁ・・・。
posted by もあぱそ at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑っていいかしら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123316923
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック