2009年03月02日

ご近所への目配り

毎日愛犬の散歩に付き合って、ワタシ自身も健康になっているような気がしているのです。
(オバカさんは風邪を引かない…ということなのかも知れませんが 笑)
決まったコースを歩きますから、ご近所さんの何か変化があれば気がついたりしているわけです。

迷ったお年寄り、犬の散歩で見つけて!東京・練馬で計画
3月2日18時27分配信 読売新聞

 東京都老人総合研究所が1995年に65歳以上の高齢者4300人に行った調査では、0・16%に徘徊の症状があった。約13万人の高齢者が住む練馬区だと、200人程度の徘徊高齢者がいる計算になる。

 同研究所の本間昭研究部長は「地域のつながりが薄い都市部ならではの取り組みとして面白い。一定期間、継続して行うことが重要だろう」と話している。(安藤康子)


ペットブームで増えている愛犬家が欠かさずに毎日行うお散歩。その散歩中にご近所で目配りしてもらおうという計画なんだそうです。
たしかに、効果が期待できる試み。でも、初めての試みなのかしら。
愛犬家たちによる児童の登下校時間帯のパトロールとか…そんなお話は聞いたことがあります。だから、徘徊者パトロールもどっかでやっているような気がしたのだけれど。

初の試みだというのなら… 効果は期待できると思うなぁ。
posted by もあぱそ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115060900
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック