2011年12月31日

良いお年を

まずは、本年たいへんお世話になりました。
良いお年をお迎えくださいませ。
posted by もあぱそ at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

養生完了

さぁっ… 少し生産的モードに戻りたいと。

ずいぶんダラダラと過ごしてしまいました。
だいぶ養生できたような気がしますので、変身をはかりたいと(笑)。

くだらないことをダラダラと、失礼しまた(ペコン)。
posted by もあぱそ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

右後ろ足

我が家の愛犬クンも年を取りました。

で、最近足が不自由になっちゃって。
形成不全とか、前立腺とかって、お医者さんは言うのだけれど。
右後ろ足がまともじゃなくなって。
歩行困難。
家の中では、両後ろ足を使わずに、ずるずると動いて見せたりして。
だから、余計にかわいそうで。

でも、散歩は喜ぶんです。
だけれども、やっぱり上手く歩けない。
歩いているうちに、右後ろ足のつめの辺りから血が出てくるし。
帰って、足を洗って拭いてあげると、血は止まるんですけどね。

なんか、痛々しいの。
彼も年だからなぁ… 飼い主と同じで…。
posted by もあぱそ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

懇願

灯油の減りが早いのです。

相棒は疲れて帰って、食事をして、横になって… そのまま風呂にも入らずリビングで朝を迎えることが多いみたい。娘も然り。で、彼らはふと気づいたときにファンヒーターが消えていると、寝ぼけているにもかかわらずスイッチを入れるらしい。だから、下手をすれば夕方から朝までファンヒーターが点きっ放し… これじゃあねぇ。

だから、ワタシとしては部屋に戻るのに、明かりを消して、テレビを消して、ボイラー止めて、水を落として、カーペットもファンヒーターも止めたいけれどもそこはできない。だから、電気料金も灯油代もかかりすぎ。

この省エネの時期に、なんでこんなことになってんのかしら。

疲れているのはわかる。
でも、節約しようよ、節約しよう… た・の・み・ま・す(笑 懇願)。
posted by もあぱそ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安い、けど高い

ゴム印がほしいなぁ、とか思って。

ほら、住所とか名前とかのスタンプ。
自分じゃ、つくれないし。

いくらぐらいするんだろなぁ、って探してみた。
980円、とかあんの。
手ごろだなぁ、とか思ったりして。
ネットで買おうとすると、それに加えて送料、代引き手数料、その他製作過程に生ずる料金があったりして…。
結局、「高いっ」(笑)。

町のお店に行ったら、どれくらいすんでしょうねぇ。
1行1500円とかって聞いたこともあるんだけれど…。

まっ、ふと欲しいなぁと思っただけですので。
posted by もあぱそ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パワハラ

熊本市たかりパワハラ「処分甘い」抗議1千件超
読売新聞 12月29日(木)11時39分配信

ふ〜ん…
馬鹿げていますね。「馬鹿げている」という表現は誤解を招きそうですが。

公用車を運転して道を間違えたことがきっかけで「いか天、1本」というのが最初だったと聞きました。
道を間違えたって、間違い発生時点で教えてあげればいいものを。教えないで罰金というのが馬鹿げています。

それ以来、上司2人が経験少ない新人職員にことあるごとに罰金を課し、100万円以上をパワハラでおごらせたらしい。それでいて上司2人を停職6ヶ月の処分にとどめた市側への抗議が1千件以上になったと。
そりゃ、どなたが考えても馬鹿げた行為です。というか、そのパワハラに2年半も耐えて対応してきた彼はスゴイを通り越して、どう表現すればいいのやら…。

ひどいお話です。
posted by もあぱそ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道にひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼぉ〜っ

ぼぉ〜っとしているわけです、今日は。

何をする気にもなれず、パソコンを起動して1日ぼぉ〜っとして。
無駄に過ごしています、たまにはいいじゃないですか。
非生産的に過ごす1日というのも。
そりゃ、毎日じゃ困りものですけれど。

で、そうしているうちに、「これでいいのかしら」とやっぱり不安になってくるのです。
ぼぉ〜っとしていて、それを批判する自分が現れてくる… どうにも貧乏性なのでしょう。

だからといって、こんな日に何かをしようとしても結局中途半端なことしかできないことをワタシはよく知っているのです。自分のことですから。

だから、批判する自分が現れても、とにかく無視して今日はぼぉ〜っとしていよう…(笑)。
posted by もあぱそ at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

んっ!?

先日、ある人を訪ねて行ったの。
その日のその時間に来てって言われていたので。

到着したら、風除室の鍵がかかっていて、呼び鈴も押せない。
携帯で電話してみたら、電話に出ない。
でも、クルマはある。
窓から音がもれて聞こえるし、テレビの画面も点いているように見える。
でも、電話に出ない。
コンコンと窓を鳴らしてみても、反応なし。
でも、居そうなの。

いえっ、別に居留守使われるような関係じゃありませんよ。

それで、しばらく待ってみました。
ときどき電話をしてみても、やっぱり出ません。
となると、お年寄りなので気になります。
で、まぁ、裏に回ってみて、軒先から声をかけてみたけど反応なし。
引き戸に手をかけてみたら開くの。

入りますよぉ、て声をかけて中に入ったら、コタツに潜って横になってる。
ストーブが点いたまま。
テレビが点いたまま。
ストーブの上の薬缶は、お湯が沸いている。

○○さぁん、って声をかける。
何度も呼んでみる。
反応がない。
!ってちょっと驚いたけれど、口元に耳をそばだてると息遣いが聞こえました。
まっ、しっかり熟睡しているって状態でした。


・・・やっと目覚めたお相手とお話してきたんだけれど。

実は、ちょっとワタシ冷や汗かいたの。
お1人暮らしだし…
あの状態だったら、それもおかしくないなぁって…。

やれやれ、て帰りのクルマの中で胸をなでおろしたワタシでした。
posted by もあぱそ at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Does it understand?

クルマ運転してると、「このひと、わかってんのかしら」って思わせる人が多いですよねぇ。

たとえば、凍結道。反対車線で停車しているトラック。その後からウィンカーも点けずに出てくる軽自動車。
反対車線のワタシが走ってきているのが見えているはずなのに。
ウィンカーも出さずに出てくるから、ブレーキを踏んで減速しハイビームにして注意してあげたら、寸前で停車中のトラックの前に戻ってすれ違いざまにタバコを吸いながらコチラを睨んでいく。
あらあら、対向車がいたら対向車が過ぎるのを待ってウインカー点けて前に出たほうが安全よぉ、凍結しているんだし。

信号青になって直進しようとしたら、対向車がいきなり右ウインカーを付けてワタシの前を無理やり右折していく。あらあら、右に曲がるんなら前もってウインカー点けておいてよ、そしたら譲ってやらないでもないのに。

信号赤で左に寄ったまま停まった前のクルマ、信号が青になったとたんに右ウインカー点けて曲がっていく。あらあら、だったらセンターに寄っておいてよ。

十字路で右から来るクルマを待っていたら、十字路直前で右ウィカー点けてワタシのクルマの横を過ぎていく。アラアラ、だったら早く右折を知らせてくれたらワタシ待たずに済んだのに…。

なんて、挙げればきりがないのだけれど。

でもねぇ、こう書きながら、ワタシが同じようなことをしていないとも限らないし… たまたまそういう行動をしただけで、普段はきちんとしている人かもしれないし…。
まっ、そういうふうに思って「あらあら」でニヤつくばかりのいつものワタシです。
posted by もあぱそ at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AjA…

タバコを吸っていて、手元にある灰皿に残っていた吸殻をふと見ました。
「AjA」と見えました。
あら、そんなタバコの銘柄ってあったかしらとか思いまして、視力の落ちたワタシの目ん玉をこらしてじっと見直してみたところ、それは「viv」でした。逆さに見たからvivがAjAに見えちゃったってお話。

まっ、ワタシがAjAに反応しちゃったのは、古いアルバムタイトルを思い出したからなんだけれど。
ご存知かしら。
STEELY DANのaja。
古いですよねぇ、だって1977年の作品ですもの。
でも、ワタシにとっては当時すごく心地よい音だったの。
参加ミュージシャンも腕利きの人たちばかりで…。

vivの文字がAjAに見えたって、どうでもいいお話でした。
posted by もあぱそ at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごまかし

そうそう、ネット検索の途中で「あっ、あのことを調べておこっ」とか一瞬思い出すのだけれど、ひと調べしているうちに「あれっ、何を調べようとしたんだっけ」てなことありませんか。

あるんですよぉ、ワタシ。このごろ特に多いの、そんなことが。
なんですかねぇ。
もともと大したことじゃないものを調べようとするから記憶に残っていない、残せていないってことかもしれないけれど。
いや、そんなことはない。
きっと、ワタシの記憶力は限界に来ています。
なにやら先行きが不安になります、自分のことながら。

まずい、です。
トシのせいにばかりしていてはいけません。
どうにかしなくてはいけません。
記憶力回復のために、何かを勉強し始めるとか…。

とか、そう思うたびに、ただただ時間をすごしてきたワタシがここにいるのです。

笑って済ましてしまいましょう…。
posted by もあぱそ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑っていいかしら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スヤスヤと

今晩は、日本酒と湯豆腐にしよう!って、相棒が言って出かけました。
明日からお休みなのだそうです。
「仕事納め」を祝うのだそうです、日本酒と湯豆腐で。

ふむふむ、それもいいでしょう。
ダラダラ行こうってやつですね。
どうせ、そのうちに飲みも中途半端に相棒は「横になる」とか言って横になって、そのうちスヤスヤと寝てしまうのでしょう。
ワタシは、ひとりチビチビとお酒を飲んでいる…と。

きっと、そんな感じでしょ。
まっ、そのうちテレビにも飽きて飲むのも遠慮するほどの量しか残っていなくって、リビングの明かりを消して、ワタシは寝室へというお決まりのパターンが予想されます。

まっ、疲れて帰ってくるのです、みんな。
みんな疲れているのです。
だから、そのパターンもいいじゃないですか(笑)。
posted by もあぱそ at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

左、右

そういえば…
もう最終回を迎えたテレビドラマの一幕。
誰かを探しに走りはじめた何人かが画面向こうから手前にきて、「じゃ、私は左へ」「私は、こっちへ行くわ」みたいな台詞があったんだけれど。

見ていたら、「じゃ、私は左へ」と方向を指定した彼女がテレビを見ているワタシにとって左側方向に走って画面から消えていきました。「私は、こっちへ行くわ」と言った彼女はその反対方向、つまり画面を見ているワタシにとっては右側に消えていったの。

なんか、おかしくないかしら… とワタシひとこと。
「私は左へ」と言った彼女は(ご自分にとって)右方向に曲がって走り、「その反対方向」を言った彼女は(ご自分にとって)左方向に消えていった。
左に曲がるといっておきながら、彼女は右に曲がったのです。
なんか、おかしくないかしら… とワタシひとこと。
そしたら、そのヒトリゴトに気づいた娘が、「視聴者サービスじゃない」って…。

えぇ〜、視聴者サービスですかぁ。
まっ、たしかに左へと言った彼女が消えていった方向は、テレビを見ているワタシにとっては左側でしたけれど。
えぇ〜っ、そういうことなのぉ?

…と、どうでもいいことが気になったテレビの一幕でした。
posted by もあぱそ at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おまかせで あんしん

ご縁がなくなってから全く便りのなかったところから、初めてダイレクトメールが届きました。

ふ〜ん… おそらく代替わりを繰り返して、ワタシに送るのにチェックが疎かになったのかしらねぇ、とか思ったりして。
それとも、ちゃんとお客さんとして認めてくれたのかしら。

ご相談ください、おまかせくださいって連続して書かれています。

そっかぁ… どうしようかなぁ、とか思っているうちに今日を迎えてしまいました。

まっ、いいや、このままで。
また必要なら送ってくださるんでしょうしねぇ…(笑)。
posted by もあぱそ at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トウカン

昨日、やっと年賀状を準備して投函しました(汗)。

出そうか出すまいかとずうっと悩みながら、出そうと決めたらやること早い。
デザインして、印刷して、宛名書きは手書きにして、一言添えて、宛名書いて、まとめてポストへ持っていって、投函完了。

出していいかしらぁとか悩む相手もいたし、無事かしらと思う人もいたけれど、とにかく出しました。
お返事返ってくれば、無事だったんだと安心もできるわけだし…。

まっ、とにかく年末にするべきことは1つ完了したんだぞ、と。

しかし、1年って早いものです。

どう幸せに過ごそうが、どう悩んで過ごそうが… とにかく時間は過ぎていきますもの。
トシを重ねると、余計にそのスピードが早く感じられます。
posted by もあぱそ at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どろぼうさん

駐在署さんから注意喚起の通知が届けられました。
米泥棒に注意せよって…。

あらあら、米泥棒ですって。
米泥棒さんって敬称付けるわけじゃなく、ガッチリ「米泥棒」って。

あるんですよねぇ、ときどきこういう不届き者が多くなると通知も届けられます。
普段から出没しているのですけれど、多くなると注意喚起されます。

でも・・・
そりゃ、世の中大変ですもの、お米もほしくなりますよね。
買ってくださればいいのだけれど、世の中大変ですから…。
お米の消費が減少していると言われながら、泥棒さんにはお米は魅力なのかしら。
でも、泥棒してまで持って行ってはいけません。

政府さんとこには余剰米が溢れているとか聞きますけれど、その余剰米をどうにかできないものでしょうかしらねぇ。
出荷しても安い、残していれば泥棒さんに持っていかれる、新米食べるのは消費者さんで農家は一番遅くまで古米を食べている… 農家さんにいいことなんて、どこにあるのかしらねぇ。

・・・なんちゃって(古ッ 笑)。
posted by もあぱそ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業を考えよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

ガチャン ガツッ

しばらくぶりにムッとしてしまいました。

だから、とりあえず書いておきます。この「ムッ」を忘れないために(笑 いえ、笑えない)。

会合に早めにいって、駐車場で待っていました。
車が入ってきました。

ずいぶん乱暴な運転だなぁ、駐車場だもの、静かに走ればいいものを… なんて見ていました。
運転者の顔が見えました。彼女です、あの会合でも「自分が中心」みたいな態度の人。

ビュ〜ンって感じで隣の駐車スペースに近づいて、そのまま前向き駐車でギッとかいう感じで停車。
あらあら、少し静かに停まればいいでしょうに、ゆっくりバックで入って出やすいようにしておけばいいのに…とか思って、サイドミラーで見ていました。
軽自動車です、女性とは思えないほどに汚れていまして。
あらあら、どうでもいいって感じねぇ…とか思っていたら。
いきなり乱暴にドアが開いて、ワタシの車のボディにそのドアがガツン。

ヘッ… とても信じられない光景がサイドミラーに映り、予想もしない音と小さな揺れがワタシを襲い。

サイドミラーを見ていると、彼女は普通にドアを閉めようとしているし。
ドアを開けて降りました。
尋ねました、傷を付けたの?

それに対する答えが、また、ムッとさせるじゃないですか。

いえ、傷はついてませんから。コツンといっただけですから。
なに、その言い方。最初に謝るべきじゃないの、オバチャン。
傷ついてるついてないは、ワタシが見ることでしょ。ワタシが見て言うことでしょ。

いえいえ、言葉にはしませんよ。言葉にはしませんけれども、ワタシとしてはそんな気持ち。
乱暴にも程がある、駐車場への入り方、スペースへの停め方、車のメンテナンス、そしてドアの開け方、ついでに口の利き方!!

無言でボディを確認し、閉めようとした彼女のドアを静かにあけてボディに近づけて、その近辺を注意深く見る。

そうしたら彼女、何を考えてんだか「フフッ」とか笑ってみせて、いまごろになって「スミマセン」。
その言葉はいいけれど、全然誠意など感じさせない言い方で。
誠意が感じられないんだよ〜、なんてどっかのクレーマーみたいなこと言ってみたくなりました。

もう、ホ〜ントあったまきたんですけど。ちょっと見、傷が見つからないし。
しょうがないから、無表情に「気をつけなさい」とだけ言ってやりました。

彼女が、会合に向かった後に、帰りに同じことされたんじゃたまらないので、駐車スペースを変えました。
ついでに、彼女の車とナンバープレートを撮影して。

会場に入ると、彼女はワタシに何か声をかけるでもなく。

知ったかぶりして、「ファンヒーター、熱風が出てくるまで時間がかかりますから」なんて、他の人に言っている。
寒いの、このお部屋。
よく見ると、運転ランプが早いスピードで点滅してんの。
これ、スイッチ入れなおすべきでしょ、とか思ったけど、彼女が知ったかぶりしてるので何も言わず。

ワタシは、寒いの。きっと、他の人たちだって寒いはず。
でも、ムッとしているから30分たっても変わらぬ状態のファンヒータを見ながら、知ったかぶりの彼女に免じて、知らん振り。

さすがに、彼女も寒かったか、ファンヒーターを見に来ました。
点滅しているから点火するよねぇ、とか言いながら離れようとしたから、言ってあげました。

一度スイッチ入れなおしたほうがいいですよ。

彼女が入れ直したら、90秒後に普通に点火しましたとさ・・・。

だ・か・ら… 何考えてるの? 何知ってるの? 
文句も言いたいけれど、彼女には彼女の生き方があるのでしょうし。
面と向かって言うと、彼女を傷つけそうでしたので。

それでも… ムッとしましたぁ(というお話でした チャンチャン)(笑えない…)。
posted by もあぱそ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする